お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 禅林寺 (和歌山県和歌山市) 

<<   作成日時 : 2014/06/17 08:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

明治2年(1869年)明治政府は3000人余りの浦上キリシタンを捕えて、
各地に流刑したが(浦上四番崩れ)、その内289名が紀州藩のあった和歌山に
送られ、過酷な扱いに遭い96名が殉教し、その後43名の慰霊碑が禅林寺に
建てられた。
1873年になってキリシタン禁制が解かれ、52名が故郷長崎に戻っている。

禅林寺は1624年初代紀州藩主・徳川頼宣によって開創されている。

(1)寺名:禅林寺(ぜんりんじ) (2)住所:和歌山県和歌山市鷹匠町5−3−1
(3)山号:南嶽山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:夾山 (6)開基:徳川頼宣 (7)開創:1624年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)本尊・釈迦如来坐像:市指定文化財

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                     切支丹慰霊碑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

禅林寺 (和歌山県和歌山市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる