お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 報恩寺 (和歌山県和歌山市) 

<<   作成日時 : 2014/04/04 14:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

和歌山城南500mに建つ報恩寺は、1609年開創された要行寺が始まりで、
1666年初代藩主徳川頼宣の正室・搖林院が亡くなると要行寺に
埋葬されている。
1670年になって、2代藩主光貞は報恩寺として再興し、以降
藩主正室の菩提寺としている。菩提所は裏山にある。
藩主菩提寺は海南市長保寺である。

お寺はよく整備され、和歌山市の観光スポットともなっているらしい。
近辺は寺町と呼ばれるお寺の集約地である。

(1)寺名:報恩寺(ほうおんじ) (2)住所:和歌山県和歌山市吹上1−6−38
(3)山号:白雲山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開山:日忠 (6)開創:1609年 
(7)中興:1670年 徳川光貞 (8)本尊:日蓮聖人像
(9)その他
1)梵鐘:市指定文化財 1672年
2)境内全体:市指定名勝
3)徳川家廟所:市指定史跡

画像
                       和歌山城

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                       廟所へ

画像
                        廟所

画像
                        廟所

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

報恩寺 (和歌山県和歌山市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる