お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 慈眼寺 (福井県若狭町) 若狭三十三観音霊場第7番

<<   作成日時 : 2014/04/23 19:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

三方五湖の一つ三方湖に接した田井集落にある慈眼寺の開創は
不詳であるが鎌倉時代に遡るのではないだろうか。
16世紀末に多由比神社隣に移っている。
慈眼寺には仏像・絵画など町指定の文化財が多く残され、小さなお寺
であるが、歴史を感じさせる。
境内のしだれ桜の風景が目に浮かぶ。(訪問は11月)

(1)寺名:慈眼寺(じげんじ) (2)住所:福井県若狭町田井93−5
(3)山号:普品山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:聖観音
(7)その他
1)若狭三十三観音第7番  聖観音
2)町指定文化財 仏像
  銅造釈迦如来坐像:鎌倉時代  阿弥陀如来坐像:鎌倉時代
3)町指定文化財 絵画
  不動明王像:室町時代  不動二童子像:南北朝時代
  三宝荒神像:室町時代  弘法大師像:室町時代
  両界曼荼羅:鎌倉時代

画像
                        全景

画像
                     シダレ桜と山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

慈眼寺 (福井県若狭町) 若狭三十三観音霊場第7番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる