お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉雲寺 (京都府京丹波町) 滝見寺

<<   作成日時 : 2014/04/20 09:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1枚岩を流れる落差43mの琴滝は京都府内でも有数の落差を誇る
滝で、琴の弦のように見えることから琴滝と呼ばれている。
春の桜、新緑、秋の紅葉と京丹波町の名勝であり、観光スポットと
なっている。
その近くにある玉雲寺は琴滝の滝見寺と呼ばれている。

玉雲寺は1416年市森城主・須知氏によって開創されたと伝えられ、
当初は琴滝のすぐ近くにあったといわれれ、1580年に現在地に
移っている。
曹洞宗の<船井三うん寺>と呼ばれる大寺であった。

(1)寺名:玉雲寺(ぎょくうんじ) (2)住所:京都府京丹波町市森滝見9
(3)山号:霊樹山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:太容梵清 (6)開基:須知景吉
(7)開創:1416年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)正法眼蔵:町指定文化財
2)参考
  琴滝:町指定名勝 落差43m

画像
                       琴滝へ

画像
                        琴滝

画像
                      玉雲寺全景

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

玉雲寺 (京都府京丹波町) 滝見寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる