お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 惣持院 (京都府綾部市) 花木の山寺

<<   作成日時 : 2014/02/26 10:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小高い山の麓にクスノキが目立つ小さな山寺であるが、参道両側のサツキ、
クスノクの古木、シダレ桜、藤棚、境内のあちこちに植生された椿など境内
一面の花木が四季折々の風景を造っている。
特に、椿とシダレ桜は地元の人々を楽しませているようだ。
クスノキと藤は綾部の名木に選定されており、花木の豊富なお寺を特徴付けて
いるようだ。

惣持院は、承和年間(834〜847年)弘法大師の弟子・真如法親王によって
開創されたと伝えられ、承平年間(931〜937年)空也上人によって再興
されたといわれている。

(1)寺名:惣持院(そうじいん) (2)住所:京都府綾部市小西町中小路24
(3)山号:今田山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:真如法親王 (6)開創:834〜847年 (7)本尊:如意輪観音

画像
                       クスノキ

画像
                     クスノキと参道

画像
                       椿と境内

画像
                        藤棚

画像
                        本堂

画像
                       庚申堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

惣持院 (京都府綾部市) 花木の山寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる