お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 十日講浄覚寺 (福井県坂井市丸岡町) 

<<   作成日時 : 2014/02/24 09:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1576年築城の丸岡城南に建つ十日講浄覚寺は通称・十日講と呼ばれ
浄土真宗では意義のある<講>が行われる日が十日であることから呼ばれた
ものである。
現在も地図上には浄覚寺ではなく、十日講と記されているものが多い。
十日講には最近まで、丸岡藩家老・有馬天然の庭園が残っていたが、
ある事情により廃園となり整地されている。

丸岡城は柴田勝家の甥・柴田勝豊によって1576年に築城され、
天守閣は現存天守で最古といわれている。

(1)寺名:浄覚寺(じょうかくじ)<通称:十日講>
(2)住所:福井県坂井市丸岡町霞町1−4
(3)山号:和田山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)有馬庭園:市指定史跡であったが、現在は廃園

画像
                       丸岡城

画像
                        本堂

画像
                       庭園跡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

十日講浄覚寺 (福井県坂井市丸岡町)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる