お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 来迎寺 (兵庫県小野市) 播州音頭記念碑

<<   作成日時 : 2013/07/27 10:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

夏の盆踊り唱として唄われる播州音頭は、文久年間(1861〜64年)頃から
唄われた吉川音頭に新味を加えて、明治時代に唄われ出したこの地方の
盆踊り音頭である。
その音頭を記念した碑が来迎寺の境内に建つ。

来迎寺は、東大寺を再興した重源上人の発願により、浄土寺と共に
開創されている。

(1)寺名:来迎寺(らいごうじ) (2)住所:兵庫県小野市市場町1185
(3)山号:引接山 (4)宗派:浄土宗西山禅林寺派
(5)開山:善阿 (6)開創:1197年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                     播州音頭記念碑

画像
                        山門

画像
                        唐門

画像
                        石庭

画像
                      本堂再建中

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

来迎寺 (兵庫県小野市) 播州音頭記念碑 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる