お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 常福院 (愛知県半田市) 樹齢450年のソテツ

<<   作成日時 : 2013/01/21 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

常福院は、岩滑城主・中山勝時が菩提寺として永禄年間(1558〜70年)に
開創され、ソテツが寄進されたと伝えられている。
常福院の境内は岩滑城(やなべじょう)跡の一部と推定されているが、城跡の
遺構は残っていない。
現在、常福院は岩滑中山氏の菩提寺ではないらしい。

ソテツは樹高6mで樹勢は旺盛である。

(1)寺名:常福寺(じょうふくじ) (2)住所:愛知県半田市岩滑中町7−23
(3)山号:甲城山 (4)宗派:西山浄土宗
(5)開基:中山勝時 (6)開創:1558〜70年) (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)ソテツ:市指定天然記念物 推定樹齢450年

画像
                       ソテツ

画像
                       境内入口

画像
                        境内

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

常福院 (愛知県半田市) 樹齢450年のソテツ お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる