お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本覚寺 (岐阜県白川村) オオタザクラ

<<   作成日時 : 2012/11/15 09:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

白川郷の本覚寺のオオタザクラは、新品種として発見者の画家・太田洋愛の名を
冠して<オオタザクラ>と命名されている。
この桜は花弁の数が90枚以上、雌しべの数が15〜20本と他の桜とは
大いに異なるのが特色といわれている。
桜の季節(5月といわれている)に再度訪れたいものだ。

白川村の真宗寺院は、本覚寺を除いて大谷派であり、本願寺派の
唯一として奮闘している。明善寺は1744年に本覚寺から分派して
開創されている。

(1)寺名:本覚寺(ほんかくじ) (2)住所:岐阜県白川村荻町385
(3)山号:光明山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)オオタザクラ:県指定天然記念物 推定樹齢200年
  オオタザクラの2世樹:村指定天然記念物 推定樹齢100年

画像
                      本覚寺門前

画像
                        全景

画像
                      オオタザクラ

画像
                    オオタザクラ説明

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本覚寺 (岐阜県白川村) オオタザクラ お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる