お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 長仙寺 (愛知県田原市) 徳川家康本陣跡

<<   作成日時 : 2012/07/08 09:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

桶狭間の戦い後、1565年田原城を攻めるべく徳川家康(24歳)は長仙寺に
本陣を張り、田原城を落城させている。
その縁で禄高を拝している。

長仙寺は奈良時代に行基によって開創されたと伝えられている。
991年藤原道長によって七堂伽藍が整備され、長仙寺となっている。
1834年に近江の多賀大社から多賀寿命尊を勧請し鎮守とし、明治時代以降
多賀信仰が深まったといわれている。
現在は、多賀信仰のお寺として寿命殿長仙寺と呼ばれている。
境内も広く緑も多い。

(1)寺名:長仙寺(ちょうせんじ) (2)住所:愛知県田原市六連町居屋敷26
(3)山号:東光山 (4)宗派:真言宗系単立
(5)開基:行基 (6)開創:745年 (7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)山門:市指定文化財 1842年
  護摩堂:市指定文化財 1668年
2)仁王像:市指定文化財 1839年

画像
                        山門

画像
                       仁王像

画像
                        中門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       護摩堂

画像
                      多賀寿命殿

画像
                        庭園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

長仙寺 (愛知県田原市) 徳川家康本陣跡 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる