お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 紹太寺 (神奈川県小田原市) 小田原藩主・稲葉家の菩提寺

<<   作成日時 : 2012/07/12 09:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1632年小田原藩主となった稲葉正勝(春日局の先夫との子)の子・正則
は、城下町にあったお寺を現在地に移して紹太寺として開創し、稲葉家の
菩提寺としている。
江戸時代の大火などで焼失し、現在は塔頭の清雲院が法灯を継いでいる。
境内山腹に広がる樹叢は神奈川県でも数少ない貴重な自然林で、
その中に一本のしだれ桜が優雅を添えている。
石段公園として散策の場にもなっている。

(1)寺名:紹太寺(しょうたいじ) (2)住所:神奈川県小田原市入生田303
(3)山号:長興山 (4)宗派:黄檗宗
(5)開山:鉄牛道機会 (6)開基:稲葉正則
(7)開創:1669年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)小田原市指定文化財
  鉄牛和尚像(画):1742年
  鉄牛和尚血書:1663年
  境内絵図:1679年
  長興山開発供養塔:
2)小田原市指定史跡
  稲葉一族の墓所、鉄牛和尚寿塔
3)小田原市指定天然記念物
  しだれ桜:推定樹齢330年以上
  寿塔附近の樹叢

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                      墓所への参道

画像
                      しだれ桜の木

画像
                        樹叢

画像
                        樹叢

画像
                      鉄牛和尚寿塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

紹太寺 (神奈川県小田原市) 小田原藩主・稲葉家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる