お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 常徳寺 (奈良県奈良市) 日蓮聖人ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2012/06/09 15:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日蓮聖人が1242年比叡山に入山し1253年比叡山での修行を終える
間、奈良などのお寺で遊学しているが、その時に滞在したお寺の一つが
東大寺塔頭の一房・法性房が常徳寺の前身と伝えられている。

1340年日祐上人が法性房を改め、常徳寺として開山し、1599年現在地
に移転している。
本堂は1686年の建立で、奈良では珍しい日蓮宗本堂が残っている。
奈良市街地の奥まった中にこじんまりと建っている。

(1)寺名:常徳寺(じょうとくじ) (2)住所:奈良県奈良市北向町19
(3)山号:法性山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開山:日祐 (6)開創:1340年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)本堂:県指定文化財 1686年

画像
                        山門

画像
                        本堂

<陶芸空間>
         刷毛目小壺
(1)素地粘土:信楽粘土3:信楽赤粘土1の混合粘土
(2)釉薬:白化粧土で刷毛目 土灰透明釉浸し掛け

画像
              

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

常徳寺 (奈良県奈良市) 日蓮聖人ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる