お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光明寺 (神奈川県平塚市) 坂東三十三観音霊場第7番

<<   作成日時 : 2012/06/06 09:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

平塚市の金目川の辺にそれほど広くない境内を占める光明寺は、
金目観音として坂東三十三観音霊場の第7番札所の信仰を集め、
特に安産祈願のお寺としてその古格を保っている。
鎌倉時代に源頼朝の帰依を受け、妻・北条政子の安産祈願を祈った
といわれる故事が信仰を多く集めるようになったともいわれている。

702年海女が海中から桶に観音を授かり、それを祀ったのがお寺の
始まりと伝えられている。
その後、道儀上人が海女の家跡に観音堂を創建したといわれている。
普通のお寺に歴史を刻みつけた光明寺も観音霊場の面白さである。

(1)寺名:光明寺(こうみょうじ)<通称:金目観音(かなめかんのん)>
(2)住所:神奈川県平塚市南金目896
(3)山号:金目山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:道儀 (6)開創:702年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)本堂内厨子:重要文化財 1498年
  厨子前立聖観音立像:重要文化財 1498年 像高86cm
  本尊・聖観音立像:市指定文化財 鎌倉時代 像高168cm
2)本堂(観音堂):県指定文化財 1498年
  仁王門:市指定文化財 江戸時代
3)金剛力士立像:県指定文化財 14世紀
  観音三十三応現身立像:市指定文化財
4)梵鐘:県指定文化財 1353年
5)古文書:市指定文化財 源頼朝下文など
  縁起書:市指定文化財 1710年

画像
                       仁王門

画像
                        本堂

画像
                       歓喜天堂

<陶芸空間>
          黄瀬戸鉢
(1)素地粘土:信楽水ひ粘土
(2)釉薬:黄瀬戸釉 浸し掛け  文様は黄土赤釉、織部釉、瑠璃釉

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

光明寺 (神奈川県平塚市) 坂東三十三観音霊場第7番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる