お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 性海寺 (兵庫県神戸市) 西区の古刹

<<   作成日時 : 2012/04/28 09:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

性海寺は行基によって730年開創されたと伝えられ、七堂伽藍を備えた
大寺として大いに栄えたといわれている。
平安時代末期には多くの僧坊があり播州の学山として多くの僧が
修行に励んだと伝えられる。
1579年には秀吉の兵火に遭い焼失したが、1648年徳川家光によって
伽藍が再建され、再び栄えたといわれる。
その時、鬼追いの追儺会が始まったといわれ、現在も成人の日に
行われている。

山門の位置などから往時の大寺が想像される。
塔頭は龍華院・福智院がありその2院が性海寺を管理している。

(1)寺名:性海寺(しょうかいじ) 
(2)住所:兵庫県神戸市西区押部谷町高和1318
(3)山号:高和山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開山:730年 (7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)本堂:市指定文化財 17世紀半ば
  八幡神社本殿:市指定文化財 17世紀後半
  伽藍:市指定歴史的建造物
2)如意輪観音像(画):市指定文化財 室町時代初期
3)追儺会:市指定無形民俗文化財

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       龍華院

画像
                       福智院

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

性海寺 (兵庫県神戸市) 西区の古刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる