お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大中寺 (静岡県沼津市) 夢窓国師ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2012/01/22 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1311年甲州・龍山庵(後の浄居寺)に隠棲した夢窓国師は、1313年沼津の
愛鷹山(1504m)に庵を築いて修行したのが大中寺の始まりと伝えられて
いる。その後、真言宗の寺があった現在地に移って本尊・不動明王を継いで
大中寺が再興されたと伝える。
臨済宗のお寺としては珍しく不動明王を本尊としているのはそうした経緯による。
夢窓国師は各地を廻り、多くの寺を開創したり庭園を造作し、最後は天龍寺
の開創をしている。

大中寺の境内には梅の木が植生され、梅の名所になっている。

(1)寺名:大中寺(だいちゅうじ) (2)住所:静岡県沼津市中沢田457
(3)山号:沢田山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:夢窓国師 (6)開創:1313年 (7)本尊:不動明王

画像
                      鐘楼門

画像
                       境内

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大中寺 (静岡県沼津市) 夢窓国師ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる