お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 智源寺 (京都府宮津市) 宮津初代藩主・京極高知の妻の菩提寺

<<   作成日時 : 2012/01/11 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宮津初代藩主・京極高知の妻・総持院が1612年亡くなり、その後高知の
子・2代藩主高広が母の菩提を弔うために1625年智源寺を開創している。
智源寺は曹洞宗中本山としての寺格を与えられ、江戸時代には大いに
栄えたといわれている。

本堂格天井絵は江戸時代に四条円山派・土佐派の画家によって描かれた
ものである。
山門・仁王門・本堂と列する伽藍と境内はよく整備され、今日でも栄えて
いる様子を示している。

(1)寺名:智源寺(ちげんじ) (2)住所:京都府宮津市京街道769
(3)山号:松渓山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:心庵盛悦 (6)開基:京極高広
(7)開創:1625年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)本堂天井絵:府指定文化財 江戸時代
2)僧録状等文書:市指定文化財 江戸時代
3)本堂:1804年

画像
                        山門

画像
                       仁王門

画像
                        本堂

画像
                      本堂天井絵

画像
                        庭園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

智源寺 (京都府宮津市) 宮津初代藩主・京極高知の妻の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる