お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 覚王寺 (兵庫県淡路市) 牛馬安全祈祷

<<   作成日時 : 2012/01/01 15:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

覚王寺の本尊・五智如来の中心仏・大日如来は牛の守護仏といわれ、
江戸時代から牛馬の安全や安産を祈願する信仰を集めてきた。
毎年4月28日に牛馬安全祈祷会が行われる。

覚王寺は天平年間(729〜749年)に行基によって開創されたと
伝えられている。
1196年に朱色の本堂(赤堂と呼ばれた)が焼失しているが、
この本堂から<赤堂さん>とよばれたそうだ。

(1)寺名:覚王寺(かくおうじ) (2)住所:兵庫県淡路市下司343
(3)山号:宝台山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開創:729〜749年 (7)本尊:五智如来

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

覚王寺 (兵庫県淡路市) 牛馬安全祈祷 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる