お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 崇徳寺 (奈良県奈良市) 徳川家康ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2011/12/17 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天正年間(1573〜92年)この地に庵を結んで念仏修行していた
縁誉上人は子供の頃、徳川家康と竹馬の友であり、家康もこの地
を訪れている。
その時に鎧を掛けた松があったが、現在は当時の松はない。
1603年家康が幕府を開いて、大和33ヶ寺院を支援した時、崇徳寺
も支援し本堂を建立させている。
家康はなにかと支援を行ない、徳川家の位牌が祀られているらしい。

明治時代には小学校が寺内に設けられていたが、戦後伽藍の整備が
なされ現在の姿になっている。
なお、境内の拝観は不可となっている。

(1)寺名:崇徳寺(そうとくじ) (2)住所:奈良県奈良市大豆山町7
(3)山号:華賞山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:縁誉上人 (6)開創:1573〜92年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本堂:県指定文化財 1603年
  客殿:県指定文化財 江戸時代初期
  庫裡:県指定文化財 伏見桃山城の遺構

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

崇徳寺 (奈良県奈良市) 徳川家康ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる