お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 西光院 (奈良県奈良市) はだか大師

<<   作成日時 : 2011/12/08 09:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良市のなら町にある西光院本尊は以前は十一面観音であったらしいが、
重要文化財ということで保管上、奈良国立博物館に保管されている。
現在は、それに代わって弘法大師像が本尊とされている。
その弘法大師坐像は裸形で<はだか大師>とか<二十日大師>と
呼ばれている珍しい弘法大師像である。
日本の中でも珍しいのではないか。

西光院の開創については不詳であるが、元興寺の塔頭であったらしい。
現在は、東大寺の末寺華厳宗である。

(1)寺名:西光院(さいこういん) (2)住所:奈良県奈良市高御門町21
(3)山号:紫雲山 (4)宗派:華厳宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:弘法大師像
(7)その他
1)仏像
  本尊弘法大師坐像:市指定文化財 鎌倉時代 像高90cm
  十一面観音立像:重要文化財 藤原時代
  地蔵菩薩半跏像:市指定文化財 室町時代

画像
                       表門

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

西光院 (奈良県奈良市) はだか大師 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる