お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 永昌寺 (岐阜県中津川市) 馬籠宿・島崎藤村の菩提寺

<<   作成日時 : 2011/11/13 09:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中山道の馬籠宿にある永昌寺は、島崎藤村の先祖・島崎七郎左衛門が
1558年に開創したと伝えられている島崎家代々の菩提寺である。
島崎藤村は1872年馬籠で生まれ、1943年71歳で大磯の自宅で亡くなり、
大磯の地福寺に葬られ、分骨として遺髪・遺爪が菩提寺永昌寺に埋葬された。
また、妻の冬子夫人と3人の娘も永昌寺に眠っている。

(1)寺名:永昌寺(えいしょうじ) (2)住所:岐阜県中津川市馬籠5358
(3)山号:西沢山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:島崎七郎左衛門 (6)開創:1558年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)青面金剛庚申塔:市指定文化財 
2)島崎藤村(春樹)の墓

画像
                       馬籠宿

画像
                       馬籠宿

画像
                      馬籠宿標石

画像
                      藤村記念館

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                    島崎藤村家族の墓

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

永昌寺 (岐阜県中津川市) 馬籠宿・島崎藤村の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる