お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 専念寺 (兵庫県尼崎市寺町) 平重盛の菩提寺

<<   作成日時 : 2011/09/04 09:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

平重盛(1138〜1179年)は平清盛の長子で、清盛を支えて平氏の
興隆に貢献し、後白河法皇と清盛の間に立ってその均衡をとるのに
苦労している。後白河法皇よりであったことから江戸時代には
<日本三忠臣>として評価されている。
父・清盛より早く亡くなり、平氏滅亡の速度を速めたといわれる。
<日本三忠臣>:万里小路藤房、楠木正成、平重盛

専念寺は1177年平重盛によって尼崎の長洲東に開創され、重盛の
菩提寺となっている。尼崎城築城の際に寺町へ移転している。

(1)寺名:専念寺(せんねんじ)<別称:赤門の寺> 
(2)住所:兵庫県尼崎市寺町12
(3)山号:十劫山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:仙坊心寂 (6)開基:平重盛
(7)開創:1177年 (8)本尊:阿弥陀如来

画像
                       山門

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

専念寺 (兵庫県尼崎市寺町) 平重盛の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる