お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 全昌寺 (兵庫県尼崎市) 尼崎藩主・戸田氏鉄ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2011/09/02 14:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1616年近江膳所藩主から尼崎藩主に移封された戸田氏鉄は、尼崎城の
築城や治水事業に力を入れ尼崎の基礎を築いている。
1635年に初代大垣藩主として移封されている。
氏鉄は尼崎城築城に際してお寺を集約し寺町を形成している。

全昌寺は近江膳所に戸田家の菩提寺として開創されたが、戸田氏鉄が
尼崎へ移るのと同時にこの寺町に移っている。
氏鉄が大垣に移ると、全昌寺の分院が大垣に開創され、大垣全昌寺が
戸田氏の菩提寺となっている。

(1)全昌寺(ぜんしょうじ) (2)住所:兵庫県尼崎市開明町3−11
(3)山号:桃源山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:戸田甚五郎(近江膳所に開創) (6)開創:1596〜1615年
(7)本尊:釈迦牟尼

画像
                       全景

画像
                       山門

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

全昌寺 (兵庫県尼崎市) 尼崎藩主・戸田氏鉄ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる