お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大黒寺 (大阪府羽曳野市) 日本最初の大黒天出現

<<   作成日時 : 2011/06/24 09:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大和川支流の石川東岸にある大黒寺は、665年修験道の祖・役行者が
金剛山で桜の木を刻んで大黒天を作り、それをお堂に祀ったことに始まる
と伝えられることから、日本最初に大黒天が出現した寺として伝承されている。
天和年間(1681〜84年)に再興され曹洞宗の禅寺となり、
1734年現在地に移転している。

普通のお寺であり観光寺でもないながら、私が訪問した折に、4人の若い
女性がお参りしており、二人はお百度詣りをしている姿に大黒天信仰の
ご利益を感じた。
またはパワースポットなのだろうか。

(1)寺名:大黒寺(だいこくじ) (2)住所:大阪府羽曳野市大黒499
(3)山号:天童山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:役行者 (6)開創:665年 (7)本尊:大黒天
(8)その他
1)阿弥陀浄土図:市指定文化財 鎌倉時代
2)中国鐘:1664年

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                      中国鐘

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大黒寺 (大阪府羽曳野市) 日本最初の大黒天出現 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる