お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠江国分寺 (静岡県磐田市) 

<<   作成日時 : 2011/03/08 09:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

磐田市役所の北側に整備された遠江国分寺跡は1951年に発掘調査
が行われ、金堂を中心に七重塔・講堂・中門・回廊などを築地塀などに
よって囲み、東西180m・南北250mに達する規模の伽藍であったことが
明らかにされ、特別史跡に指定されている。
金堂・七重塔跡には礎石がのこされている。

741年聖武天皇の詔により、全国66ヶ国68ヶ所に国分寺が建立された
といわれている。
遠江国分寺がいつ建立されたかは不明であるが、奈良時代には建立
されたと考えられる。
その後、盛衰を経て、現在は薬師堂のみが史跡の一隅にある。

(1)寺名:遠江国分寺(とうとうみこくぶんじ)<正式名:国分寺>
(2)住所:静岡県磐田市見付3220−1
(3)山号:参慶山 (4)宗派:新義真言宗
(5)開基:聖武天皇 (6)開創:741年〜 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)遠江国分寺跡:国指定特別史跡

画像
                       標石

画像
                     遠江国分寺跡

画像
                      金堂跡

画像
                      七重塔跡

画像
                      薬師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

遠江国分寺 (静岡県磐田市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる