お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 福領寺 (滋賀県大津市) <重文>阿弥陀如来坐像

<<   作成日時 : 2011/01/13 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

滋賀県大津市雄琴の雄琴城址に隣接している福領寺は、江戸時代初期
に廃城になった雄琴城址に隣接して開創されたと伝えられている。
詳細は不詳である。

<法然上人足跡とゆかりの寺>参照

本尊阿弥陀如来坐像は藤原〜鎌倉時代の像であるが、福領寺にどのように
伝来したかは不明である。

(1)寺名:福領寺(ふくりょうじ) (2)住所:滋賀県大津市雄琴2−10−3
(3)山号:東海山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 江戸時代初期 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)本尊阿弥陀如来坐像:重要文化財 藤原〜鎌倉時代

画像
                       山門

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

福領寺 (滋賀県大津市) <重文>阿弥陀如来坐像 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる