お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 福成就寺 (三重県名張市) 十三重石塔

<<   作成日時 : 2010/08/05 09:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

三重県名張市にある福成就寺の開創については不詳であるが、
一説には弘法大師空海の弟子・道昌の開創とも伝えられているが、
寺所有の大般若経奥書には986年の銘記があることから、平安時代
には存在したと推定されている。
天正の兵乱で焼失しているが、その後再建され江戸時代には名張四大寺
の一つに数えられている。

境内にある十三重石塔は1293年建立で、源頼政の家臣・草太の
供養塔といわれている。

(1)寺名:福成就寺(ふくじょうじゅじ) (2)住所:三重県名張市箕曲中村1041
(3)山号:槙山 (4)宗派:真言宗室生寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)十三重石塔:市指定文化財 1293年 高さ4.8m 総高6m
2)黒漆塗厨子:重要文化財  1480年

画像
                       全景

画像
                     十三重石塔

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

福成就寺 (三重県名張市) 十三重石塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる