お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 弓削寺 (岐阜県池田町) 白河法皇ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2010/06/15 12:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岐阜県池田町の池田山(924m)山麓にある弓削寺は、817年伝教大師
最澄が草庵を建て、馬頭観音を祀って湯華寺としたのに始まると伝えられている。
応徳年間(1084〜87年)白河法皇が谷汲山に参拝した折病気になり、
この湯華寺の湯で完治したと言われている。
白河法皇から弓削寺を授かり、それを寺号とした。

弓削寺が掘削した温泉がり、精進料理<湯華庵>を提供している。
境内には山アジサイが一面に植栽され、6月には多くの参拝者で賑わう
と言われている。

(1)寺名:弓削寺(ゆげじ) (2)住所:岐阜県池田町段739
(3)山号:阿梨耶山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:伝教大師最澄 (6)開創:817年 (7)本尊:馬頭観音

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                       境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

弓削寺 (岐阜県池田町) 白河法皇ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる