お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 誠照寺 (福井県鯖江市) 鯖江本山

<<   作成日時 : 2010/04/14 07:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

福井県鯖江市にある誠照寺の起源は、1207年<承元の法難>で親鸞聖人
が越後に配流の途次、越前上野ヶ原の豪族波多野氏の別邸(後に車の道場と
呼ばれる)で説法したのに始まると伝えられている。
その後、親鸞聖人の第五子・道性上人を車の道場に迎え、その弟子如覚上人
とともに布教をおこなった。
1321年如覚上人を開山として、現在地に移り真照寺として開創された。
1437年後花園天皇の勅願によって誠照寺となった。
この頃には門前町を形成し、鯖江の中心地として栄えた。

1878年独立して真宗誠照寺派の本山となった。
現在も鯖江の中心地にあって、往時の門前町を想わせる佇まいである。

(1)寺名:誠照寺(じょうしょうじ)<別称:鯖江本山> 
(2)住所:福井県鯖江市本町3−2−38
(3)山号:上野山 (4)宗派:真宗誠照寺派本山
(5)開山:如覚上人 (6)開創:1321年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)文化財
  四足門(山門):県指定文化財 1779年 左甚五郎の彫刻
  鐘楼:市指定文化財 1846年
  梵鐘:市指定文化財 1756年
  刺繍阿弥陀如来像:市指定文化財
  髪繍六字名号:市指定文化財
2)誠市:骨董市 3〜12月の毎月第2日曜日

画像
                       山門

画像
                     山門の彫刻

画像
                       境内

画像
                      御影堂

画像
                     親鸞聖人像

画像
                       鐘楼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

誠照寺 (福井県鯖江市) 鯖江本山 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる