お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 金心寺 (兵庫県三田市) 

<<   作成日時 : 2010/03/30 06:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県三田市天神の丘陵地にある金心寺は、藤原鎌足の長男・定恵
によって668年開創されたと伝えられている。
もとは三田市の中心部屋敷町にあり、1862年現在地に移転するまでは
三田の門前町を形成する古刹であった。

本尊弥勒菩薩坐像の胎内から、<この地域一帯を三田と改名する>内容
の銘が見つかり、三田の金心寺は平安〜鎌倉時代において三田の中心的存在
であったと考えられている。
三田の歴史を顧みる上で重要な存在である金心寺も、現在は静かな
寺域に納まっている。

(1)寺名:金心寺(こんしんじ) (2)住所:兵庫県三田市天神3−28−45
(3)山号:如意山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:定恵上人 (6)開創:668年 (7)本尊:弥勒菩薩
(8)その他
1)本尊弥勒菩薩坐像:重要文化財 平安時代 像高150cm
2)不動明王立像:重要文化財 南北朝時代 像高64cm
3)十一面観音像(画):重要文化財 平安時代
4)礎石:市指定文化財 創建当初の礎石
5)山門(黒門):九鬼蕃下屋敷の門を移築

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                       境内
                   <手水鉢:礎石>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

金心寺 (兵庫県三田市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる