お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 常安寺 (三重県鳥羽市) 熊野水軍九鬼氏の菩提寺

<<   作成日時 : 2009/12/17 09:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

三重県鳥羽市にある常安寺は、室町時代に真言宗の大福寺として開創
されたが詳細は不明である。
文禄年間(1592〜96年)に熊野水軍総督の九鬼嘉隆の菩提寺となり、
曹洞宗に改宗している。
嘉隆が1600年関ヶ原の戦いで自害後、その子守隆が父の菩提を弔う
ために1607年大福寺を常安寺と改名し、再建している。

熊野水軍は平安時代から熊野灘・伊勢湾に勢力を誇り、史上最強の
水軍といわれ、特に九鬼嘉隆は水軍最後の総督として信長・秀吉に
仕えた。
1594年嘉隆は鳥羽城を築き鳥羽藩の藩祖となったが、九鬼家は2代
で鳥羽藩から三田藩・綾部藩へと分かれて転封となっている。

(1)寺名:常安寺(じょうあんじ) (2)住所:三重県鳥羽市鳥羽2−12−3
(3)山号:玉龍山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)中興:九鬼守隆 1607年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)文化財
  鰐口:市指定文化財 1610年
  石燈籠:市指定文化財 1618年
  仏涅槃図:市指定文化財 九鬼嘉隆が朝鮮から持ち帰ったと伝えられる
2)九鬼家廟所:市指定史跡
3)鳥羽藩主稲垣家の廟所

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                    鐘楼と本堂鬼瓦

画像
                     九鬼家廟所

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

常安寺 (三重県鳥羽市) 熊野水軍九鬼氏の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる