お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光林寺 (奈良県川西町) 快慶作の阿弥陀如来立像

<<   作成日時 : 2009/10/21 08:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良県川西町にある光林寺は、1313年空信法師が三宅町に開創した
道場を起源とし1542年現在地に移ったと伝えられている。
本尊阿弥陀如来立像は承久三年(1221年)の銘と快慶の銘が刻まれて
おり、快慶の晩年の作として貴重である。
快慶の仏像は多く残っており、現在判明しているのは40件近くになる。

(1)寺名:光林寺(こうりんじ) (2)住所:奈良県川西町保田43−1
(3)山号:将照山 (4)宗派:真宗仏光寺派
(5)開山:空信法師 (6)開創:1313年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本尊阿弥陀如来立像:重要文化財 1221年 快慶作 像高82cm
2)伽藍
  本堂:県指定文化財 1654年
  表門:県指定文化財 江戸時代前期

画像
                       全景

画像
                       表門

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光林寺 (奈良県川西町) 快慶作の阿弥陀如来立像 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる