お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法鷲寺、明覚寺 (京都府福知山市) 山門が福知山城の城門遺構

<<   作成日時 : 2009/07/27 15:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都府福知山市街地にある法鷲寺・明覚寺の山門は、
明治時代に福知山城が取り壊される時にいくつかある城門の
一部が移築再建されたものである。
こうした例は、瑞林寺、観瀧寺、正眼寺の山門にもみられる。
これらの山門は福知山城の遺構として市指定重要資料になっている。

<法鷲寺(ほうじゅうじ)>
(1)住所:京都府福知山市下紺屋86
(2)山号:霊光山 (3)宗派:浄土宗
(4)開山:宝誉上人 (5)開創:1568年 (6)本尊:阿弥陀如来
 
<明覚寺(みょうかくじ)>
(1)住所:京都府福知山市呉服77
(2)山号:朝燿山 (3)宗派:浄土真宗本願寺派
(4)開創:不明 (5)本尊:阿弥陀如来

画像
                     法鷲寺山門

画像
                     法鷲寺本堂

画像
                     明覚寺全景

画像
                     明覚寺山門

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法鷲寺、明覚寺 (京都府福知山市) 山門が福知山城の城門遺構 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる