お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 金剛城寺 (兵庫県福崎町) 新西国三十三ヵ所観音霊場第30番

<<   作成日時 : 2009/02/07 15:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県福崎町を流れる市川の支流七種川沿いにある金剛城寺は、
597年高麗僧恵灌が聖徳太子の命を受けて創建されたと伝えられている。
お寺から川を5kmほど遡った七種の滝や七種山は兵庫県観光100選に
なっている観光地であるが、金剛城寺は創建当時この七種山中腹に
あったと伝えられ、古い山門が残っている。

民俗学者柳田國男は福崎町生まれで、生家は記念館として保存されている。

(1)寺名:金剛城寺(こんごうじょうじ) (2)住所:兵庫県福崎町田口236
(3)山号:七種山(なぐささん) (4)宗派:高野山真言宗
(5)開山:恵灌 (6)開創:597年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)新西国三十三ヵ所観音霊場第30番
2)石造地蔵菩薩像:町指定文化財 1399年銘

画像
                       標石

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                      護摩堂

画像
                    石造地蔵菩薩像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

金剛城寺 (兵庫県福崎町) 新西国三十三ヵ所観音霊場第30番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる