お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 千光寺(岡山県赤磐市) 貴重な<重文>備前四耳壺

<<   作成日時 : 2008/09/30 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

備前焼は13世紀頃備前市の伊部で始まったといわれており、
16世紀末頃までは壺や甕など生活雑器が主に作られていた。
この時代の備前焼は<古備前>ともいわれるが、その代表的な
壺が千光寺に伝来する<重文>備前四耳壺である。
この壺には<・・・福安(文安と思われる)元年三月・・・>と胴体に
銘が入っていて、制作年代が明確な備前焼として貴重な作品である。
また、作品そのものが室町時代を代表する備前焼でもある。
この貴重な壺が千光寺に伝来してきたのは驚きである。

(1)寺名:千光寺 (2)住所:岡山県赤磐市中島350
(3)山号:石井原山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:報恩大師 (6)開創:760年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:1744年
  三重塔:1765年 高さ21m
  仁王門:1786年
2)文化財
  備前四耳壺:重要文化財 1444年 高さ63cm
  金泥法華経8巻:県指定文化財
  石造方柱碑:県指定文化財 1340年
  宝篋印塔:市指定文化財 1734年
  文英様石仏:市指定文化財 1567年

画像
                       参道

画像
                      仁王門

画像
                       本堂

画像
                       本堂

画像
                      三重塔

画像
                       本坊

画像
                  <重文>備前四耳壺
                  <図録からコピー>

画像
                     石造方柱碑

画像
                      宝篋印塔

画像
                     文英様石仏

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

千光寺(岡山県赤磐市) 貴重な<重文>備前四耳壺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる