お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 東本願寺<真宗本廟>(京都市下京区) 真宗大谷派本山

<<   作成日時 : 2008/08/20 11:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

親鸞聖人を祖とする真宗十派(浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派など)
の中で二番目に末寺の多い真宗大谷派の本山東本願寺の正式名称は
真宗本廟である。
1602年徳川家康の宗教政策も手伝って、本願寺から分離し教如を法主とする
東本願寺が成立し、本願寺は西本願寺・東本願寺の二寺体制となる。

東本願寺の伽藍は江戸時代4度の火災に遭い<火出しの本願寺>と
呼ばれるほどに伽藍の再建を繰り返した。
現在の伽藍は明治時代に再建されたもので、御影堂は1895年に再建
された日本最大級の木造建築物である。
2011年の親鸞聖人750遠忌に向けて伽藍の大修復が行われている。

(1)寺名:東本願寺<正式名:真宗本廟>
(2)住所:京都市下京区烏丸通七条上ル常葉町754
(3)山号:なし (4)宗派:真宗大谷派本山
(5)開山:教如上人 (6)開創:1602年 (7)本尊:阿弥陀如来
<本願寺の開創:覚如 1321年>
(8)その他
1)主な伽藍
  御影堂(ごえいどう):1895年再建 正面の長さ76m 高さ38m
  阿弥陀堂:1895年再建 正面の長さ52m 高さ29m
  御影堂門:1911年再建 京都三大門(知恩院、南禅寺、東本願寺)
  阿弥陀堂門:1911年再建
2)主な文化財
  教行信証:国宝 鎌倉時代 現存する唯一の親鸞真蹟本
  親鸞聖人像(画):重文 原本は国宝で西本願寺蔵
  本願寺上人伝絵:重文 1343年 覚如作
  など
3)庭園渉成園:名勝 池泉回遊式庭園
   <東本願寺 渉成園>参照
4)末寺:約9000寺院
5)大谷祖廟:親鸞聖人廟 東山区にある

画像
                  京都タワーからの遠望
                 <御影堂は覆われて修理中>

画像
                       外堀

画像
                      御影堂門

画像
                     修理前の御影堂

画像
                    修理中の御影堂

画像
                     阿弥陀堂門

画像
                      阿弥陀堂

画像
                      菊の門

画像
                       鐘楼

画像
                      渉成園

画像
                    大谷祖廟参道

画像
                    大谷祖廟親鸞廟

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東本願寺<真宗本廟>(京都市下京区) 真宗大谷派本山 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる