お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 正眼寺(岐阜県美濃加茂市) 京都妙心寺の奥の院

<<   作成日時 : 2008/06/18 15:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1330年頃妙心寺の開祖関山慧玄が9年間隠棲していた地が
正眼寺であるが、関山慧玄はその後花園法皇の懇請を受け、
京都に戻り妙心寺を開いた。
こうした経緯により正眼寺は妙心寺の奥の院と呼ばれるのである。

現在の正眼寺は臨済宗妙心寺派の専門道場として活動し、
厳しい修行が行われている。

修行のひとつ清掃が行き届き、塵ひとつない境内は静寂に包まれた
修行道場そのものである。
しかし、閉鎖的ではなく本堂へのお参りも自由で、開放的な空気が
流れる静かで明るいお寺である。

岐阜県のお寺をクリック参照

(1)寺な:正眼寺(しょうげんじ) (2)住所:岐阜県美濃加茂市伊深町872−2
(3)山号:妙法山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:関山慧玄 (6)開創:1330年
(7)実質開山:太極唯一 (8)実質開基:佐藤吉次 (9)実質開創:1658年
(10)本尊:釈迦牟尼
(11)その他
1)臨済宗妙心寺派の専門道場 一般修行も受付
  川上哲治など著名人が修行
2)現在の伽藍:1909年から再興された
3)しだれ桜:市指定天然記念物 樹齢200年
4)庭園:重森三玲作

画像
                     参道入口

画像
                      放生池

画像
                       参道

画像
                       参道

画像
                      観音像

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                       鐘楼

画像
                       庭園

画像
                      写経道場

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

正眼寺(岐阜県美濃加茂市) 京都妙心寺の奥の院 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる