お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 雲辺寺(徳島県三好市) 四国八十八ヶ所霊場第66番

<<   作成日時 : 2008/05/10 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

標高927mの雲辺寺山頂にある雲辺寺へは、香川県観音寺市の山麓から
ロープウェイで7分ぐらいで行ける高くて近いお寺である。
四国霊場では最も高いところにあり、昔はお遍路さんも大変であったろう。
霊場の分布を見てみると、所々に山上の霊場が挟まり変化に富んだ
札番になっている。

雲辺寺山にはスキー場もあり、観光の面でもスポットになっている。
また、種々の樹木に覆われた境内は、心に新鮮なものを与えてくれ、
参道の五百羅漢を見ながら参拝する風景がまた楽しい。

中世には<四国高野>と呼ばれるほどに隆盛した名刹である。

(1)寺名:雲辺寺(うんぺんじ) (2)住所:徳島県三好市池田町白地763−2
(3)山号:巨鼇山(きょごうざん) (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:789年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第66番(讃岐の1番)
2)重文仏像
  本尊千手観音坐像:藤原時代 像高104cm
  毘沙門天立像:1184年 151cm
3)五百羅漢石像
4)毘沙門天石像:展望館の上に立つ

画像
                  雲辺寺山とロープウェイ

画像
                     毘沙門天像

画像
                     五百羅漢

画像
                      仮本堂

画像
                      大師堂

画像
                      護摩堂

画像
                      納経所

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

雲辺寺(徳島県三好市) 四国八十八ヶ所霊場第66番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる