お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 地蔵院(三重県亀山市) 関の地蔵

<<   作成日時 : 2008/04/15 21:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東海道53次の関宿は、古代三関のひとつ鈴鹿関が置かれたいたところで、
現在も1.8kmに及ぶ古い街並みが残っている。
そのほぼ中心にある地蔵院は、<関の地蔵に振袖着せて、奈良の
大仏婿に取ろ>と俗謡で名高いお寺である。

近郷の人々に加え、東海道を旅する人々の信仰を集め、現在も
地蔵信仰が脈々と続いている。
また、一休禅師ゆかりのお寺といわれている。

三重県のお寺クリック参照

(1)寺名:地蔵院 (2)住所:三重県亀山市関町新所1173−2
(3)山号:九関山 (4)宗派:真言宗御室派 (5)開基:行基
(6)開創:741年 (7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)重文伽藍
  本堂:1700年
  愛染堂:1630年
  鐘楼:1644年
2)池泉鑑賞式庭園
3)蝦夷桜

画像
                    関宿と地蔵院

画像
                       関宿

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                 <重文>鐘楼と客殿

画像
                   <重文>愛染堂

画像
                       庭園

画像
                     客殿の桜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

地蔵院(三重県亀山市) 関の地蔵 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる