お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 善峯寺(京都市西京区) 西国三十三所観音霊場第20番

<<   作成日時 : 2008/04/14 12:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

善峯寺は1029年源算(恵心僧都の高弟)によって創建され、
1221年には道覚法親王が入山し、それ以降法親王が住職を
務め<西山宮門跡>といわれた。
応仁の乱(1267〜77年)で堂宇は灰塵に帰して衰微したが、
江戸時代に5代将軍徳川綱吉の生母桂昌院によって、ほぼ
現在の伽藍に再興された。
京生まれの桂昌院はあちこちの寺院を再興し(特に京都には多く残る)、
仏教・文化に貢献した。
桂昌院の墓は増上寺にあるが、ここ善峯寺には遺髪塚があり、
境内の高所に<けいしょう殿>という東屋が設けられ、その像が
安置されている。ここら眺める京都の展望はまさしく大パノラマであり、
西山・京都市街地・比叡山・東山・京都南部と180度の眺望が
心を癒してくれる。

(1)寺名:善峯寺(よしみねでら) 
(2)住所:京都市東山区西京区大原野小塩町1372
(3)山号:西山 (4)宗派:善峰観音宗(天台宗系)
(5)開山:源算 (6)開創:1029年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)西国三十三所観音霊場第20番札所
2)西山三山:善峯寺、光明寺(長岡京市)、楊谷寺(長岡京市)
3)主な伽藍
  多宝塔:重文 1621年 高さ12m
  本堂:1692年
  護摩堂:1692年
  山門:1692年
  経堂:1705年
  開山堂:1692年
  釈迦堂:1885年
  奥の院薬師堂:1701年
  阿弥陀堂:1673年
4)主な景物
  遊龍の松:国指定天然記念物 樹齢600年 横に40m弱這う
        日本一の松といわれている
  しだれ桜(経堂横):樹齢300年 桂昌院手植え
  桂昌院遺髪塔:桂昌院は1705年に没する
  蓮華寿院の庭:池泉回遊式庭園 小川治兵衛作
  幸福地蔵:300年前の地蔵尊
  薬湯風呂
  四季折々の花木

善峯寺 その1 桜と遊龍松青字をクリック参照

境内案内図の順路にそって歩いてみよう。

画像

                       境内

画像

                     境内案内図

画像
                      本堂

画像
                      参道

画像
                      山門

画像

                       鐘楼

画像

                      護摩堂

画像

                      開山堂

画像

                     幸福地蔵尊

画像

                    桂昌院遺髪塔

画像

                      釈迦堂

画像

                     けいしょう殿

画像

                      桂昌院像

画像

                    奥の院薬師堂

画像

                    蓮華寿院の庭

画像

                      阿弥陀堂

画像

                    経堂としだれ桜

画像

                   <重文>多宝塔

画像

                     遊龍の松

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

善峯寺(京都市西京区) 西国三十三所観音霊場第20番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる