お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 高台寺(京都市東山区) その1 ねねの寺

<<   作成日時 : 2008/04/08 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うために、正室のねね(北政所・高台院)が
1606年に徳川家康の支援を受けて創建した禅寺である。
家康はねねを丁重に扱ったのは、秀吉子飼いの大名を抑える意味も
あったのであろう。
今日では、<ねねの寺>として拝観する観光客が年々増え、夜間の
ライトアップには人人人の人気がある。

庭園は池泉回遊式で、四季を通じて見ごたえのある風景を醸し出している。
また、秀吉・ねねを奉る霊屋は<高台寺蒔絵>が施され、<蒔絵の寺>
としても楽しませてくれる。

高台寺 その2  その3クリック参照

(1)寺名:高台寺(こうだいじ) (2)住所:京都市東山区高台寺下河原町526
(3)山号:鷲峰山 (4)宗派:臨済宗建仁寺派 (5)中興開山:三江
(6)開基:北政所(高台院) (7)開創:1606年
(8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)豊臣秀吉と北政所の菩提寺
2)重要文化財伽藍
  表門:桃山時代 薬医門 伏見城より移築
  開山堂:1605年 もとは北政所の持仏堂
  霊屋:1605年 秀吉と北政所を奉る 蒔絵が施されている
  観月台:桃山時代 
  傘亭:桃山時代 茶室 伏見城より移築
  時雨亭:桃山時代 2階建ての茶室 伏見城より移築
3)その他重要文化財
  蒔絵調度品:高台寺蒔絵
  梵鐘:1606年
  豊臣秀吉像(画)
  など
4)庭園:国指定名勝 池泉回遊式庭園 小堀遠州作
5)桜、紅葉など

順路に従って高台寺を歩いてみよう

画像

                   <重文>表門
      <200mほど離れた所にあり、かっては広大な境内であった>

画像

                    山門への参道

画像

                       庫裡

画像

                       唐門

画像

                      勅使門

画像

                       玄関

画像

                      拝観受付

画像

                    道元禅師荼毘塔

画像

                     茶室遺芳庵

画像

                     茶室鬼瓦席

画像

                       書院

画像

                       方丈

画像

                       方丈

画像

                      方丈前庭

画像

                       庭園

画像

                       庭園

画像

                      観月台

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

高台寺(京都市東山区) その1 ねねの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる