お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩間寺(滋賀県大津市) 西国三十三所観音霊場第12番

<<   作成日時 : 2011/01/25 11:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岩間山(443m)の山上にある岩間寺の境内に、芭蕉池と名づけられた小さな
池があり、その傍に芭蕉の句碑<古池や 蛙飛び込む 水の音>がある。
芭蕉が岩間寺にお参りした折、詠んだ句と伝えられているそうです。
こうした言い伝えは各地にありそうな話であるが、芭蕉が大津の地に縁が
深いことからまんざらでもないだろう。

道路も完備し、<山上にポツンとある風景>とは少し感触が異なる。
汗を掻きながら登ってくるとまた風景は異なるであろう。

(1)寺名:岩間寺(いわまでら)<正式名:正法寺>
(2)住所:滋賀県大津市石山内畑町82 (3)山号:岩間山
(4)宗派:真言宗醍醐派 (5)開山:泰澄 (6)開創:722年
(7)本尊:千手観音
(8)その他
1)本尊千手観音立像:15cm 秘仏 <汗かき観音><雷除け観音>などと
             呼ばれる。 1990年に365年ぶりに開扉
2)重文仏像
  不動明王二童子像:鎌倉時代
  地蔵菩薩立像:藤原時代
3)桂の霊木:泰澄が本尊を彫った桂の木の子孫といわれる
4)裏手には桂の大樹群

画像

                          参道

画像

                         大師堂

画像

                          境内

画像

                          本堂

画像

                         芭蕉池

画像

                         不動堂

画像

                          霊木

画像

                         桂の大樹

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

岩間寺(滋賀県大津市) 西国三十三所観音霊場第12番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる