テーマ:北海道のお寺

北海道東北のお寺

北海道のお寺訪問は2019年8月が最初。 東北地方の訪問は5回であるが、満足な探索はできていない。 東北独自の仏像や堂宇を求めて今後の探索を期待している。 <北海道> 本願寺札幌別院(札幌市):札幌五大寺 経王寺(札幌市):札幌五大寺 新善光寺(札幌市):札幌五大寺 北海寺(札幌市):鐘楼 龍松寺(札幌市):仁王門 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新善光寺 (北海道札幌市) 札幌五大寺

すすきの地区の東南端に建つ新善光寺は1884年の開創で、札幌進出が 他の宗派に比べて遅かったが、新善光寺が拠点となって北海道の布教を 図った。浄土宗の北海道における比率は7%である。 新善光寺は<札幌五大寺>の一つで、本尊に善光寺如来(善光寺式阿弥陀如来) を祀っている。 また、藻岩山には奥の院があり、観音菩薩が祀られている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩戸観音堂 (北海道札幌市南区) 定山渓温泉のパワースポット

札幌の奥座敷<定山渓温泉>は、年間100万人以上の宿泊客数がある 一大温泉地で、1866年修行僧美泉定山が発見開発したのが始まりと いわれている。 1932年、小樽定山渓道路(北海道道1号)が開通し、利便性が 図られたが、その工事の多数の犠牲者を弔うために1936年 岩戸観音堂が建立された。 岩戸観音堂の奥には120mの洞窟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経王寺 (北海道札幌市) 札幌五大寺

豊平川に近く、国道36号(札幌本道)に面し、樹木が少ない広大な境内 を持つのが経王寺である。 経王寺は札幌五大寺の一つで、北海道における日蓮宗の本拠として 北海身延と呼ばれている。 札幌五大寺とは、明治時代初期に開創され、北海道における本拠として活動 した札幌のお寺である。五大寺とは、  本願寺札幌別院、真宗大谷派札幌別院、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大禅寺 (北海道千歳市)

千歳から札幌への弾丸道路(国道36号)を走って左手に、白樺並木を 通して豪壮な山門を見つけ立ち寄ってみた。 ちなみに、弾丸道路は北海道で最初の舗装道路とか。 広い境内に伽藍が整備され、豊川稲荷も祀られている。 開創は1941年と新しく、境内全体に新鮮な風が流れているようだ。 <北海道東北のお寺一覧> (1)寺名:大禅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍松寺 (北海道札幌市豊平区)

豊平川を渡り、月寒通を南下すると、通りに面して豪壮な 仁王門が建つ龍松寺がある。 仁王像も巨大で、北海道でも最大級の仁王像といわれ、月寒通 のシンボル的存在と感じる。 龍松寺は、明治33年(1900年)に中央寺(札幌市中央区) の布教拡大の一環として開創されている。 <北海道東北のお寺一覧> (1)寺名:龍松寺(り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海寺 (北海道札幌市)

南3条東4に、赤い4本柱に支えられた瀟洒な鐘楼が北海寺の 目安である。 お寺は明治23年(1890年)に新潟県の商人によって建立され、 札幌では古い部類に属する。 現在の本堂は大正13年(1924年)再建され、木造本堂として、 札幌では古い本堂で、飾り彫刻も凝ったものである。 <北海道東北のお寺> (1)寺名:北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千正寺 (北海道千歳市)

千歳市街地に、ベンガラ塀の目立つ千正寺が建つ。 富山県富山市の妙教寺で生まれた團正が1900年、 北海道に渡り、千歳市根志越(ねしこし)地区に 説教所を開いたのが千正寺の始まりである。 その頃の千歳は、札幌本道が開通し、宿場町として スタートした時期になる。 現在の千正寺住職は4代目で、種々の行事活動に熱心で、 檀家信者も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本願寺札幌別院 (北海道札幌市) 札幌五大寺

北海道には約2300ヶ寺のお寺があるが、明治時代以前の お寺は100ヶ寺に満たない数であるが、このお寺の大半が 道南に集中しており、江戸時代の松前藩時代のものである。 宗派別にみると、真宗大谷派、曹洞宗、浄土真宗本願寺派と 続いている。 これは、松前藩が浄土真宗本願寺派(西本願寺)の布教を 抑えたことが影響している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more