テーマ:北海道のお寺

北海寺 (北海道札幌市)

南3条東4に、赤い4本柱に支えられた瀟洒な鐘楼が北海寺の 目安である。 お寺は明治23年(1890年)に新潟県の商人によって建立され、 札幌では古い部類に属する。 現在の本堂は大正13年(1924年)再建され、木造本堂として、 札幌では古い本堂で、飾り彫刻も凝ったものである。 <北海道東北のお寺> (1)寺名:北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千正寺 (北海道千歳市)

千歳市街地に、ベンガラ塀の目立つ千正寺が建つ。 富山県富山市の妙教寺で生まれた團正が1900年、 北海道に渡り、千歳市根志越(ねしこし)地区に 説教所を開いたのが千正寺の始まりである。 その頃の千歳は、札幌本道が開通し、宿場町として スタートした時期になる。 現在の千正寺住職は4代目で、種々の行事活動に熱心で、 檀家信者も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本願寺札幌別院 (北海道札幌市) 札幌五大寺

北海道には約2300ヶ寺のお寺があるが、明治時代以前の お寺は100ヶ寺に満たない数であるが、このお寺の大半が 道南に集中しており、江戸時代の松前藩時代のものである。 宗派別にみると、真宗大谷派、曹洞宗、浄土真宗本願寺派と 続いている。 これは、松前藩が浄土真宗本願寺派(西本願寺)の布教を 抑えたことが影響している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more