テーマ:霊場

切幡寺(徳島県阿波市) 四国八十八ヶ所霊場第10番

切幡寺には南面・北面の二体本尊千手観音という珍しい形態になっている。 815年弘法大師空海がこの地を訪れた時、衣の破れを繕うため機織りの 娘に所望したところ、惜しげもなく白布を空海に差出し、空海は何か礼が できないかと娘に尋ねると、父母の供養のために観音像をたのんだ。 空海は千手観音を刻み、娘を得度させ潅頂を授けると、娘が千手観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法輪寺(徳島県阿波市) 四国八十八ヶ所霊場第9番

法輪寺は田園地帯にある小さな霊場であるが、清潔感が漂い 気持ちの良い霊場である。 本尊は四国霊場でも唯一の涅槃釈迦如来で、5年に一度の開扉 の秘仏であり、足の病や健脚祈願の草鞋が多く奉納されている。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:法輪寺(ほうりんじ) (2)住所:徳島県阿波市土成町土成田中198-2 (3)山号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷寺(徳島県阿波市) 四国八十八ヶ所霊場第8番

境内から離れた所に建つ仁王門(山門)は1687年 の建立で、高さが13mもある楼門形式になっていて、 四国霊場では最大の山門といわれている。 熊谷寺は仁王門を始めとして伽藍の多くが県指定の 文化財に指定され、四国霊場の中でも古い伽藍が残って いる霊場で、桜の名所でもある。 ただ、本堂・本尊は1927年の火災で焼失し、本堂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十楽寺(徳島県阿波市) 四国八十八ヶ所霊場第7番

太平洋戦争の戦没者慰霊碑として立てられている不動明王像が 中々ユニークで、こうした不動明王像は珍しい。 十楽寺は明治時代の神仏分離で廃れその後復興してきた歴史を 持つがかっては大寺であったらしい。 戦国時代の兵火により全てを失い、文化財は残っていない。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:十楽寺(じゅうらくじ)  (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安楽寺(徳島県上板町) 四国八十八ヶ所霊場第6番

安楽寺は江戸時代、駅路寺に指定されていた。 駅路寺とは、蜂須賀家政が1598年、街道を行く旅人の便 を図るために、阿波国内の主要街道沿いに8ヶ寺を宿泊施設 に指定したもので、阿波独特の制度である。 現在、宿坊の風呂はラジウム鉱泉と薬草の入った薬湯を提供 していて、人気になっているそうだ。昔は、天然温泉がでて いたことから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵寺(徳島県板野町) 四国八十八ヶ所霊場第5番

地蔵寺の広い境内には五百羅漢(実際は200弱)の羅漢堂、 樹齢800年といわれる大イチョウの木、八角経蔵などがあり、 本尊の地蔵菩薩は<勝軍地蔵>と呼ばれる馬にまたがり、 兜をつけた5cmの地蔵菩薩らしい。 羅漢堂は1775年創建であるが、1915年の火災で大部分が 焼失し、約200体の羅漢も含めて再建された。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大日寺(徳島県板野町) 四国八十八ヶ所霊場第4番

鉢伏山(439m)山麓の緑に囲まれた小さな境内の四国霊場大日寺には 33体の観音菩薩があるが、1700年代に奉納されたものらしい。 本堂北側には、鎌倉時代以降の遺跡や窯跡などが発掘調査で見つかっている。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:大日寺(だいにちじ) (2)住所:徳島県板野町黒谷字居内5 (3)山号:黒巌山 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金泉寺(徳島県板野町) 四国八十八ヶ所霊場第3番

源義経が屋島の源平合戦(1185年)に向かう途中、この金泉寺に 立ち寄り、観音菩薩に戦勝祈願をしたと伝えられており、その折り 士気を鼓舞する意味で、弁慶が大きな石を持ち上げたという伝説がある。 その石が庭園の片隅に置かれている。 なお、境内からは奈良時代の瓦が出土しており、創建はこの時代に なされたのであろう。 <徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極楽寺(徳島県鳴門市) 四国八十八ヶ所霊場第2番

広い境内には、洒落た庭園あり、樹齢1100年といわれる長命杉あり、 安産祈願の安産大師ありと四国遍路にプラスするものがある。 長命杉の樹齢はさて置き、杉に触れて祈願すると長生きできる気持ちに させてくれる立派な杉である。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:極楽寺(ごくらくじ) (2)住所:徳島県鳴門市大麻町桧字ダンノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊山寺(徳島県鳴門市) 四国八十八ヶ所霊場第1番

四国八十八ヶ所霊場第1番札所(発願の寺) 四国八十八ヶ所霊場巡礼はいつごろ始まったのかは諸説あり 定かではないが、現在のような霊場・札所番号は江戸時代の 初め頃といわれている。一方、修行者は弘法大師の霊跡巡礼 を平安時代から行っていたと思われる。その霊跡が発展して 札所になったのであろう。 現在は、数ある霊場巡礼の中でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若狭三十三観音霊場 (福井県)

1982年に開創された福井県若狭地方の観音霊場 三方石観世音(若狭町):若狭三十三観音霊場特別霊場 永厳寺(敦賀市):若狭三十三観音霊場第1番 金前寺(敦賀市):若狭三十三観音霊場第2番 龍渓院(美浜町):若狭三十三観音霊場第3番 阿弥陀寺(美浜町):若狭三十三観音霊場第4番 瑞林寺(美浜町):若狭三十三観音霊場第5番 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十夜ヶ橋永徳寺 (愛媛県大洲市) 四国別格二十霊場第8番

松山道大洲ICを出てすぐ左に十夜ヶ橋永徳寺があり、その先に 都谷川に架かる十夜ヶ橋(とよがはし)がある。 空海が四国巡錫中に夜が更けて、都谷川に架かる小橋の下で 野宿した夜に、衆生済度の物思いにふけり、一夜が十夜に感じ、 歌に詠んだことから、その後、この橋を十夜ヶ橋と呼ぶように なり、その袂に堂宇が建立され、大師の霊跡となった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音寺 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第3番

小豆島八十八ヶ所霊場第3番観音寺は、第1番洞雲山の本坊、 第3番奥之院隼山の本寺、第5番・第6番・第86番の納経所 となっている。 小豆島の主要な坂手港の山手に観音寺は建ち、弘法大師の開創 と伝え、慶長年間(1596~1615年)再興されている。 整備された境内からは坂手の町並みや港が望める。 境内には、1709年8月9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三室戸寺 (京都府宇治市) 満開のツツジ

宇治市街地の東部にあって、明星山麓に建つ三室戸寺は 西国三十三所観音霊場第10番、花の寺として親しまれて いる。 4月末にはツツジ2万本、6月アジサイ1万株と境内を 彩る豪華な風景である。 久しぶりのツツジ拝観となった 訪問日:2021年4月27日 <三室戸寺> <ツツジ園>              …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碁石山 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第2番

小豆島八十八ヶ所霊場はお寺、お堂、山岳霊場などで構成され、 中でも山岳霊場は岩壁、洞窟などに本堂を構え、スリルと眺望 にとんだ霊場である。 第2番碁石山は、まさしく山岳霊場の典型で、その眺望は 天下一品である。 私の参拝で失念したのは、洞窟内本堂の近くまでアプローチ しながら、たどり着けなかったこと~後で調べて悔やまれる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神峯寺 (高知県安田町) 四国八十八ヶ所霊場第27番

神峰山(570m)の中腹に建つ神峯寺へは、国道55号から 舗装された町道を4kmほど登ると山門に着く。 かっては急峻な遍路道(真っ縦)を歩くことから、遍路ころがしの 一つで、屈指の難所であったが、平成の時代に入り町道として 整備されている。 開創は神峯神社として始まり、730年十一面観音が祀られ、 神仏習合の形態がとられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞雲山 (香川県小豆島町) 小豆島八十八ヶ所霊場第1番

小豆島八十八ヶ所霊場は、1686年小豆島の僧たちが、 弘法大師空海が修行したと伝承される地に霊場を開創している。 中でも、洞窟や岩壁に霊場がある箇所がいくつかあり、観光 などを兼ねた霊場巡りができることから、人気の高い 霊場となっている。 1番の洞雲山は洞窟の中に八角堂の本堂があり、さらに 夏至観音と呼ばれる自然現象で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最御崎寺 (高知県室戸市) 四国八十八ヶ所霊場第24番

室戸岬の高台に建つ最御崎寺は、807年弘法大師空海が 嵯峨天皇の勅願を受けて開創したと伝え、歴代天皇の信仰が 篤かったといわれている。 また、1341年足利尊氏による土佐安国寺となり、大いに 栄えたといわれた。 長い歴史に存在感を示したお寺には、多くの文化財が存在 する四国霊場である。 かっては、岬から登る参道から山門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延光寺 (高知県宿毛市) 四国八十八ヶ所霊場第39番

宿毛市平田町中山の国道56号から、山間部へ1kmほど入った 山麓に建つのが延光寺で、平地に建つ四国霊場である。 山門を入って目についたのが、小さな梵鐘を背にした亀の石像で、 赤亀伝説として伝わる梵鐘で、現在も911年銘の銅梵鐘が残されて いる。この伝説に因んで山号は赤亀山となったとか。 もう一つ目に留まったのが、本坊の小さな庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津照寺 (高知県室戸市) 四国八十八ヶ所霊場第25番

1601年土佐藩主となった山内一豊が、1602年暴風雨に遭い難儀して いる時に、地蔵菩薩の化身となった僧に、船の楫取りによって助けられたと いわれ、その地蔵菩薩が津照寺の本尊地蔵菩薩で、それ以来<楫取り地蔵> と呼ばれるようになったとか。 そんな経緯もあってか、津照寺の建つ室津港は土佐藩によって整備され、 マグロ漁港として大い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観自在寺 (愛媛県愛南町) 四国八十八ヶ所霊場第40番

愛媛県最南端にあって、四国八十八ヶ所霊場の第1番霊山寺から最も遠い 札所が第40番観自在寺で、<四国霊場の裏関所>と呼ばれている。 観自在寺は平地にあって、現在はアクセスも容易である。 観自在寺は、807年平城天皇の勅願によって、弘法大師空海が開創したと伝え、 山号、地名も<平城>となっている。 1959年火災により本堂を失い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏木寺 (愛媛県宇和島市) 四国八十八ヶ所霊場第42番

宇和島市北部にあって、整備された県道31号沿いに建つ仏木寺は、 巡礼者以外の参拝者も多いお寺で、往古より家畜守護のお寺として、 現在は、ペット守護の祈願寺として信仰を集めている。 807年弘法大師空海の開創と伝え、鎌倉時代以降は領主や藩主の 庇護を受けて大いに栄えたといわれている。 伽藍は小ぶりではあるが、配置がスッキリと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金剛頂寺 (高知県室戸市) 四国八十八ヶ所霊場第26番

室戸岬から西北に、海岸沿いに10kmほどの行当岬から、北東に連なる 三角山の中腹に、木々に覆われて、金剛頂寺は建っている。 金剛頂寺は室戸三山の一寺で、西寺とも呼ばれている。 1899年の火災で、ほとんどの伽藍を焼失し再建されたが、古刹の 趣は大師堂に残され、多くの寺宝が残っている。 現在の四国霊場は、どこも整備が行き届き趣の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野山のお寺

和歌山県高野山のお寺紹介 高野山総括 金剛峯寺:高野山真言宗総本山 世界遺産 壇上伽藍:真言密教根本道場の中心 世界遺産 奥の院と参道1:弘法大師信仰の霊地 世界遺産 奥の院と参道2:弘法大師信仰の霊地 世界遺産 高野山の風景 宝寿院:大本山 勧学院:修学・修行の道場 金剛三昧院:高野山子院(宿坊) <国宝>多宝塔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洛陽三十三所観音霊場

洛陽三十三所観音霊場の起源は、平安時代末期に後白河法皇が西国三十三所 観音霊場が広域にわたり、巡礼に不便ということで洛陽に設けたと伝承される。 その後、絶えたり復興したりであったが、2005年に再興されている。 <寺名をクリックすると詳細へ> 第1番  六角堂頂法寺(中京区):西国三十三所観音霊場第18番 第2番  新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安楽寺 (埼玉県吉見町) 坂東三十三観音霊場第11番 吉見観音

安楽寺は坂東三十三観音霊場第11番札所で、古来より厄除けの<吉見観音> と呼ばれ信仰の篤いお寺である。 安楽寺は、行基が東国巡錫の折に岩窟に聖観音を祀ったのが始まりと 伝えられている。 平安時代初期、坂上田村麻呂が奥州征討の折に戦勝祈願をし、七堂伽藍を 建立したのが安楽寺の開創となる。 鎌倉時代になり、源頼朝の弟・源範頼が吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知多四国霊場

1809年妙楽寺住職・亮山阿闍梨が弘法大師の夢告によって発願し、岡戸半蔵と 武田安兵衛の協力を得て、知多四国霊場を開創している。 知多半島を一周する巡礼の旅は人気が出てきている。 <お寺の概要と写真は寺名をクリック> 第1番  曹源寺  豊明市栄町内山45 第2番  極楽寺  大府市北崎町城畑112 第3番  普門寺  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びわ湖百八霊場

びわ湖百八霊場は2009年に誕生しており、近江湖西27名刹・ 近江湖北27名刹・近江湖東27名刹・近江湖南27名刹からなっている。 湖北27名刹が1992年に発足し、順次湖東・湖南・湖西と設定されている。 琵琶湖を一周する巡礼路は近江の代表的な寺院を巡る自然との触れ合い となる。 <青字の寺名をクリックして詳細へ> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三所観音霊場

日本で最も古い霊場巡礼の西国三十三所観音霊場は、718年長谷寺の 徳道上人によって設けられたが普及せず、270年後花山法皇によって再興され、 法皇が巡礼したことにより徐々に普及を始めた。 鎌倉時代以降、大いに普及し現在も多くの巡礼者を集めている。 近畿を中心に古刹・名刹を巡る旅は歴史に触れる絶好の機会となるだろう。 <寺名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨三十三観音霊場

高山市、飛騨市の観音霊場で、東にアルプスを頂き自然と文化を満喫できる 霊場といえよう。 多くの霊場には円空仏があり、円空を訪ねる旅も楽しいものである。 <お寺の概要と写真は寺名をクリック参照> 第1番  飛騨国分寺  聖観音    高山市総和町1-83 第2番  相応院     聖観音    高山市桜町149 第3番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more