テーマ:東海北陸のお寺

善教寺 (岐阜県海津市)刀鍛冶・志津兼氏ゆかりの地

海津市志津の山麓にあって、木立の参道が趣を醸し出すのが 善教寺である。 善教寺の開創は不詳であるが、かって天台宗のお寺があったと 伝えられ、1304年刀鍛冶の志津兼氏が移り住んだといわれて いる。 志津兼氏は名刀工・正宗の弟子・正宗十哲の一人で、美濃鍛冶の 創始者の一人でもある。 1690年大垣藩主戸田氏西によって再興され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海北陸のお寺総覧

東海北陸の訪問回数は数十回になり、富山県・石川県・静岡県の訪問 が少し残っている。 富山県のお寺 石川県のお寺 福井県のお寺 岐阜県のお寺 静岡県のお寺 愛知県のお寺 三重県のお寺              富山県立山寺              石川県妙成寺      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梵潮寺 (三重県鳥羽市相差)ソテツの寺

<海女と漁師のまち>と呼ばれる鳥羽市相差(おうさつ)には、 現役海女が100人ほど活躍する日本一の町で、観光客で 賑わい、その中には、<女性の願い事を一つ叶える>と パワースポットとなっている<石神さん(神明神社)> がある。 その石神さんの参道下に、<ソテツの寺>と呼ばれるスポット 梵潮寺もある。 推定樹齢数百年といわれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉徳寺 (愛知県江南市)

江南市の中心街・古知野町にあって、古刹報光寺の向かいに 建つのが泉徳寺である。 報光寺を訪れた折に立ち寄り、太鼓楼が本堂横の玄関上に 建っているのが印象に残った。 泉徳寺は1470年開創と伝えられ、蓮如上人に帰依した 大池国次(浄信坊)の開基で、蓮如上人の六字名号が 伝わっている。 <愛知県のお寺一覧> (1)寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長福寺 (岐阜県下呂市金山町)

飛騨川と馬瀬川の合流点近くににあって、小高い藤倉山麓に立派な 山門を構えるのが長福寺である。 山門は1813年の建造で、仁王門形式の楼門で、下呂市の 文化財に指定されている。 長福寺は、1545年藤倉山に長福庵として建立されたのが 始まりと伝え、1730年現在地に移っている。 <岐阜県のお寺一覧> (1)寺名:長福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常永寺 (富山県南砺市井波)

瑞泉寺の門前町として、井波彫刻の本場として栄えた井波 にあって、ひっそりと建つ常永寺は<だるま寺>と呼ばれて いる。達磨大師の画像が飾られているからだろう。 興味深いのは、参道に立つ半肉彫りの地蔵尊で、化粧地蔵 ではなく、顔が白い。 <富山県のお寺一覧> (1)寺名:常永寺(じょうえいじ) (2)住所:富山県南砺市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正法寺 (三重県度会町)

清流宮川の田口大橋を渡り度会町(わたらいちょう)に入ると、 町特産の度会茶畑が広がる。 そこから南へ山間部に入り、注連指(しめさす)集落に入ると, 左手に石垣を構えた正法寺が建っている。 お寺の開創は不詳であるが、本尊十一面観音立像は1112年 の造像と古い。 本尊の参拝は叶わなかったが、観音堂の外から参拝した。 <三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長泉寺 (愛知県蒲郡市)三河七御堂

長泉寺は、749年開創されたと伝え、鎌倉時代初期に 源頼朝の命を受け、時の三河守護・安達盛長が三河の古刹七ヶ寺を 再興している。この七ヶ寺を<三河七御堂>と呼んでいるが、 その一つが長泉寺である。 三河七御堂とは、  普門寺(豊橋市)  赤岩寺(豊橋市)  財賀寺(豊川市)  全福寺(廃寺)   金蓮寺(西尾市)  鳳来寺(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正福寺 (岐阜県土岐市)中部四十九薬師霊場第29番

国道363号細野集落を、鶴岡山に向かって分け入った山麓に、 正福寺本堂の屋根が見えてくる。 ここは中部四十九薬師霊場第29番で、本尊薬師三尊像は 1756年の造像である。 正福寺は、永禄年間(1558~70年)の開創と伝えられ、 1633年に再興されている。 ここは鶴岡山登山の入口にあたり、登山者はここをお参り してから鶴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明善寺 (福井県あわら市)

旧北陸道の金津宿坂ノ下に建つのが明善寺であり、百日紅の 紅が鮮やかな風景を持っている。 隣には、樹齢300年以上といわれるイチョウが2本生い茂る 大鳥神社があり、裏には、芭蕉が奥の細道紀行で立ち寄る 予定であった総持寺がある。 明善寺の開創は不詳である。 <福井県のお寺一覧> (1)寺名:明善寺(みょうぜんじ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円光寺 (富山県砺波市)

砺波市神島の田園地帯に建つのが円光寺である。 南北朝時代中頃、越後蒲原郡藤田之庄から藤田貞信一族 が神島に入り、開拓したのが神島の始まりといわれている。 しばらくして、藤田貞信が開創したのが円光寺の始まり と伝えられている。 山号の藤田山は、藤田貞信からきており、住職も藤田氏 で、神島の中核として歴史を刻んできたと言えよう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重県のお寺一覧

三重県のお寺を紹介  津市、松阪市のお寺  伊賀市のお寺  東林寺(いなべ市):白滝  行順寺(いなべ市):蓮如上人ゆかりの寺  聖宝寺(いなべ市):浄土庭園  長楽寺(いなべ市):樅の木  光蓮寺(いなべ市):梅戸城主の菩提寺  覚通寺(いなべ市):寄せ燈籠  源盛院(木曽岬町):芭蕉句碑  了清寺(木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田寺 (三重県玉城町)

玉城町山神集落の外れに、ひっそりと建つ山田寺は、毎年 1月の最終日曜日は<山神獅子舞い神事>で賑わうとか。 この獅子舞いは、1555年から始まった厄除神事で、 この地域で受け継がれ、1662年山田寺が再興されて 以降は、山田寺の境内で行われるようになったといわれている。 一般的には、獅子舞い神事は神社で行われているが、 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知県のお寺一覧

愛知県のお寺を紹介します。 名古屋市のお寺一覧 岡崎市、豊田市、豊橋市のお寺一覧 知多四国霊場 尾張四観音:龍泉寺観音、甚目寺観音、荒子観音、笠寺観音 高徳院(豊明市):桶狭間古戦場跡 甚目寺(あま市):尾張四観音 法蔵寺(あま市):鉄造地蔵菩薩 蓮華寺(あま市):蜂須賀小六の菩提寺 広済寺(あま市):尾張三十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡崎市、豊田市、豊橋市のお寺一覧 (愛知県)

岡崎市、豊田市、豊橋市のお寺一覧 滝山寺(岡崎市):滝山東照宮 大樹寺(岡崎市):松平・徳川家の菩提寺 天恩寺(岡崎市):徳川家康ゆかりの寺 妙源寺(岡崎市):徳川家ゆかりの寺 信光明寺(岡崎市):徳川家ゆかりの寺 真福寺(岡崎市):竹膳料理 本宗寺(岡崎市):蓮如上人ゆかりの寺 法蔵寺(岡崎市):徳川家康ゆかりの寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松応寺 (愛知県岡崎市) 徳川家康ゆかりの寺

江戸時代には、松応寺の門前町として、明治時代以降は 花街として栄えた松本町も、今や空き家が目立つ状態の 中にあって、松応寺は家康ゆかりの寺として頑張っている。 松応寺は、家康の父・松平弘忠が24歳の若さで亡くなり、 密葬された地が松応寺の地といわれ、それから12年後に 徳川家康が父の菩提を弔うために松応寺を開創したと 伝えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡県のお寺一覧

東海道の中央に位置し温暖な土地柄もあり古刹・名刹も多いが戦乱の 影響も受けて古い堂舎は少なく、国宝に指定された堂舎はない。 徳川家ゆかりの寺や信仰の篤い遠州三山などがあげられようか。 青龍寺(御殿場市):役行者ゆかりの寺 大雲院(御殿場市):深沢城遺構の山門 宝持院(御殿場市):小田原城主・大森氏ゆかりの寺 大乗寺(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明香寺 (静岡県袋井市) すもう寺

江戸時代最強の相撲力士・雷電為右衛門がここ明香寺の 地蔵菩薩に、子授かりの祈願をしたところ、女の子を 授かったという伝承が伝わっている。 雷電の生涯勝率は9割6分と最強力士の名を戴いている。 1916年には大角力協会(現相撲協会)の祈願所と なり、11体の力士像が祀られ、通称すもう寺と呼ばれ 親しまれている。 <静岡県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県のお寺一覧

岐阜県には多くの禅寺があり、清楚な雰囲気が漂う風景を持っている。 私が参拝したお寺を紹介します。 飛騨三十三観音霊場も合わせて紹介。 飛騨三十三観音霊場(高山市、飛騨市) 岐阜市のお寺一覧 大垣市、羽島市のお寺一覧 揖斐川町、池田町、本巣市のお寺一覧 神護寺善学院(神戸町):日吉神社の別当寺 密厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円明寺 (岐阜県可児市久々利)

<美濃焼の里>の一つ、久々利地区を流れる久々利川に 沿って、こじんまりと建つ円明寺の開創については 不詳であるが、平安時代末期には七堂伽藍の大寺で あったといわれている。 裏山には、南北朝時代に築城されたといわれる久々利城跡 があり、その城主であった久々利氏によって、室町時代 に再興されている。 室町時代~江戸時代造像の多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井県のお寺一覧

福井県は真宗・曹洞宗の王国であるが、若狭地域は趣を異にする。 若狭三十三観音霊場 永平寺(永平寺町):曹洞宗大本山 吉峰寺(永平寺町):道元禅師ゆかりの寺 和田本覚寺(永平寺町):越前門徒の中核 円寿寺(永平寺町):本阿弥光悦の書状 昌蔵寺(永平寺町):一乗谷に起源 吉崎御坊(あわら市):蓮如上人ゆかりの地 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泰澄寺 (福井県福井市) 泰澄大師の生誕地

白山信仰の祖、越の大徳と呼ばれる泰澄大師の生誕地に 建つのが泰澄寺である。 泰澄は682年泰澄寺の地に生まれ、695年大谷寺の 地で修行に入り、716年生誕地に泰澄寺を開創し、 717年白山に入り修行、白山信仰の礎を築き、神仏習合 の源となった。 その後、白山を根拠として各地を巡錫し、大和朝廷から 泰澄の名を授かっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川県のお寺一覧

加賀藩主・前田家ゆかりのお寺を始めとして古刹や名刹が あり、特に能登半島には曹洞宗総持寺が元あった総持寺祖院は 曹洞宗らしい風景が残っている。 全昌寺(加賀市):芭蕉ゆかりの寺 宗寿寺(加賀市):国内で現存する唯一の関所門 本光寺(加賀市):日本百名山・深田久弥の菩提寺 実性院(加賀市):大聖寺藩主・前田家の菩提寺 薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙円寺 (石川県小松市)

妙円寺は、985年花山法皇の勅願により開創された 仏生寺が始まりと伝えられ、1575年妙円寺と なっている。 1583年小松城主となった村上頼勝(義明)から 現在の京町に寺地を与えられ移転している。 1645年小松城下町整備により、現在地に移転して いる。 しかし、1932年の小松大火により全焼し、古刹 としての寺宝のほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山県のお寺

高岡市の瑞龍寺は富山県建造物の中で唯一の国宝建造物であり、 その独特の風景はヨーロッパのお城を思わせるものがある。 また、南砺市の瑞泉寺は井波彫刻の原点であり、浄土真宗の拠点でも あった。 十三寺(入善町):北陸三十三ヶ所観音霊場第32番 法福寺(黒部市):明日の大桜 全龍寺(黒部市):天井絵 長安寺(黒部市):山門と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正法寺 (富山県高岡市)

万葉集の大友家持ゆかりの地、伏木から二上山への 二上山万葉ライン沿いにあって、緑と石仏で知られる 正法寺が建っている。 1932年に開創された新しいお寺であるが、裏山に 四国八十八ヶ所霊場の写し石仏が安置され、お砂踏み を設けている。 これからも正法寺を八十八ヶ所と呼んでいる。 その裏山に樹齢100年といわれる正法寺菊桜が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄福寺 (三重県多気町丹生)

多気町丹生地区は古代から丹生水銀の産地として栄え、江戸時代には 丹生大師(神宮寺)の門前町としても栄えた。 そうした環境の中で、お寺も多く開創され大いに栄えたといわれている。 その中の一寺が浄福寺で、大永年間(1521~28年)に開創されている。 現在の丹生地区は、水銀産出もなく、人口減少の地区となっているが、 丹生大師信仰は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行福寺 (愛知県豊田市) 桜の名所

豊田市の桜の名所に挙げられている行福寺は、北に田畑が広がり、南に 住宅地が広がる住農地帯に建っている。 私の訪問は1月で、広い境内の随所に配された、シダレ桜やソメイヨシノが 開花した風景は残念ながら見られなかったが、その風景を想像してみた。 特に、シダレ桜は樹齢250年以上といわれる名木である。 この桜の維持管理には大変なご苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長福寺 (岐阜県多治見市) 不動信仰

多治見市街地にあって、県道16号を挟んで本土神社が建つ弁天町に 長福寺が建つ。 長福寺は明治維新までは、本土神社の神宮寺で神仏習合のお寺であり、 神社であった。 長福寺の開創は1330年と伝えられ、多治見市では古刹になり、真言宗 唯一のお寺である。 多治見市では、臨済宗の禅寺がほとんどを占めている。 長福寺の本尊は聖観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝満寺 (富山県小矢部市)

建永の法難(1207年)により、法然上人は讃岐へ、親鸞聖人は越後へ 配流となった。 親鸞聖人が北陸を経て、越後に入る間に、各地で聖人に帰依した人や お寺があったと伝えられ、その中に勝満寺の前身といわれる安居寺の 僧坊住職が帰依し、後に浄土真宗の勝満寺となったといわれている。 その後、浄土真宗の大寺として活動し、越中一向一揆の拠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more