テーマ:陶芸・陶芸サークル

陶芸サークル 2019年5月10日

陶芸サークルの本焼窯出しを行う。 5人のメンバーそれぞれに、良かったとか不満とか反省点を語り合う。 土灰系と石灰系の釉薬を使ったが、各々に持味があり、今後の 参考になる。 <YU>さん <MI>さん <U>さん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸と桜 2019年4月

陶芸サークルの作品を、4月14日開催予定のフリーマーケットに出品する 運びとなったが、14日は雨の予報どうなるか。 今回の作品は、蚊遣り器(蚊取り線香を器に入れて燃やす)をメインに サークルメンバーが嗜好を凝らして作成した。 今年の花見も併せて掲載してみた。 <YAさんの作品> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2018年6月13日 作品

電気窯の本焼焼成温度を1250度で試みる。 今までは1230度で焼成してきたが、その変化を見る。 その結果 1)粘土が反り易い。 2)灰成分の多い釉薬は流れ易い 3)釉薬が鮮明になる。 4)素地が締まる。 また、釉薬テストも行う。 <山さん> <緩さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2017年12月7日 作品

連続3回本焼の3回目。 使用釉薬:土灰透明、織部、トルコ青透明、黄瀬戸                        Hさん                        Hさん                        Hさん                        Hさん          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2017年11月30日 本焼作品

2回目の本焼。 土灰透明釉、織部釉、トルコ青透明釉を使用。                        MIさん                        MIさん                        MIさん                        MIさん            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2017年11月21日 作品

久し振りの本焼となる。 素焼作品が増えて、連続3回の本焼となる。その1回目。 使用釉薬は土灰透明釉とトルコ青透明釉を使用。 今回は、土灰透明釉の濃度が薄かった。 2度焼きにまわす作品あり。                        Iさん                        Hさん        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル作品 2016年10月21日

新たにYUさんが参加し、初めての作品となった。                        YUさん                        Uさん                        Uさん                        Yさん                      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2016年8月作品

陶芸サークルの本焼も久しぶりとなる。 8月の作品は  (1)黒粘土を使用  (2)白粘土の練り込み または、白化粧土の装飾  (3)透明トルコ青釉の噴霧 で、黒と青のコントラス作品を試みる。 結果として、噴霧の程度によりマット状になったものも出る。 おおよそ試みは出来たのでまずまずといえよう。          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2015年4月10日

公園サロンのフリーマケットに出展すべくメンバーの一部が本焼。 短時間の作陶で、満足のいく作品ではなかったかな。                        YAさん                        YAさん                        MIさん                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル作品 2014年12月17日

久しぶりの本焼となったが、今回は素地粘土と釉薬の調和に不満が 残る。テストを行う必要があり、来年の課題である。                        MIさん                        MIさん                        MIさん                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸 2014年8月22日 花器

久しぶりに、手捻りで花器を4本作ってみた。 2本は信楽赤粘土で釉薬は織部釉を霧吹きで吹き付ける。 2本は紫香楽粘土で同じく織部を吹き付ける。 高さは30cm強。 釉薬の吹き付け度合いに工夫が必要かな。微妙に。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2014年6月19日作品

久しぶりの本焼完了。 色絵を中心とする作品となる。 粘土のテストも行う。                        Miさん                        Miさん                        Miさん                        Uさん     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2013年10月26日作品

7月以来の本焼であったが、3人だけの作品となる。 メンバー各々仕事を抱えている関係もあって、サークル活動も途切れ 途切れの状態である。 探索する人も真面目に陶芸に取り組むべきであろう。 最近、作品が全くない。 久しぶりの3人の作品を見てみよう。 MIさんは出来上がりに不満があるらしい。               …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2013年7月19日 作品

陶芸サークルの活動で、電動ロクロを使用した制作を開始した。 サークルの全員が初めての経験だけに面白い。 今回の作品は手びねりやタタラの作品である。 初めての赤粘土も登場し、釉薬をどうしょうかーー文様をどうしょうか 思案しながらの作品で、思いのほかうまくいったと。 これからは新しいものにチャレンジしていこう。       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2013年4月14日 フリーマーケット

好天に恵まれ、陶芸サークルの作品を公表する絶好の機会が 訪れる。 昨年のフリーマーケットでは完売の好成績であったが、今回は 2/3が売れ残り、器の種類が昨年とダブッタことが原因と思われる。 来年は、あらかじめ制作に入り、単品の種類を多くするかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 釉薬のはなし(1) 基礎釉

釉薬は下記の役割を持っている。  ①ガラス化の基  ②ガラス化の基を熔かす  ③素地とガラスを繋ぐ この役割が高温(1200度ぐらい)で働き、器の表面にガラス状の膜を作る。 上記の役割を果たす主な原料として3~4種類あり、それを調合して液体状に 作る。  長石:上記の役割を全てもっており、釉薬の主原料  灰または石灰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2012年作品 Sさん、MAさん

Sさんは仕事が多忙で今年のサークル活動は少なかった。 ご本人は残念に思っておられる。 MAさんはボランティア活動が忙しく矢張り活動は少なかった。 アザミの絵付けはMAさんのオリジナリティーになった。 <Sさんの作品> <MAさんの作品>
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2012年作品 探索する人

今年は少しずつピッチを挙げて年末まで多くの活動をした。 フリーマケットや文化祭への出品など多彩な活動であった。 来年以降も本格的に陶芸活動とお寺探索を両立させながら 元気にやりたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2012年12月19日

今年最後の本焼窯出しを終えて、今年の成果と反省を20日に行う。 今日は19日作品の紹介に止める。 なお、MIさんがサークルに参加され、活動中のメンバーは7人である。                        MIさん                        Yさん                     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2012年11月22日

自治会文化祭出品の作品最終本焼きを終えて一段落。 乾燥が充分でなくヒビ割れの作品も出る。                        Hさん                        Hさん                        Uさん                        Uさん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸サークル 2012年11月12日

自治会の文化祭に出品予定の作品を含めて。 二度焼きの必要な作品や想像以上の色合いの作品などを含めて 11月19日に再度本焼きの予定。                        Yさん                        Yさん                        Yさん        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more