テーマ:中国四国九州のお寺

吉備寺 (岡山県倉敷市真備町) 吉備真備の菩提寺

学問の神様といえば、平安時代の菅原道真が一般的であるが、奈良時代の 吉備真備(きびのまきび)も学問の神様として崇敬されている。 奈良時代に中国唐に二度渡り学問を修め、唐王朝から認められた学者で、 日本に帰朝後は、政治家としても天皇を支えた偉人である。 その吉備真備の出身地が、真備町箭田(まびちょうやた)の地であり、 菩提寺が吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満寺 (高知県東洋町) 野根氏の菩提寺

高知県最東端に位置し、太平洋海岸沿いの土佐東街道(国道55号) に沿って集落がある東洋町野根地区に建つのが天満寺である。 1575年、土佐の覇者・長宗我部元親に滅ぼされるまで、現在の 東洋町一帯を支配していた野根氏の菩提寺が、天満寺の前身・永徳寺 である。 ここには、<野根七郎の埋蔵金>伝説が伝わり、その場所が天満寺か 裏山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏木寺 (愛媛県宇和島市) 四国八十八ヶ所霊場第42番

宇和島市北部にあって、整備された県道31号沿いに建つ仏木寺は、 巡礼者以外の参拝者も多いお寺で、往古より家畜守護のお寺として、 現在は、ペット守護の祈願寺として信仰を集めている。 807年弘法大師空海の開創と伝え、鎌倉時代以降は領主や藩主の 庇護を受けて大いに栄えたといわれている。 伽藍は小ぶりではあるが、配置がスッキリと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄泉寺 (香川県宇多津町) 閻魔堂

青ノ山(224m)の北東麓に、宇多津町の寺町とよばれる地区に、 閻魔堂を構えるのが浄泉寺である。 閻魔大王は地蔵菩薩の化身で、あの世では閻魔大王、現世では地蔵菩薩 と、日本仏教では同一視されている。 浄泉寺の閻魔堂は、安政年間(1854~60年)に丸亀市から移転された といわれ、祀られている閻魔像は四国一大きな像といわれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正興寺 (徳島県鳴門市) 四国三十三観音霊場第1番

四国の霊場といえば、四国八十八ヶ所霊場で、歴史と巡礼者の多さ が、西国三十三所観音霊場と並んで霊場中の霊場である。 その西国三十三所観音霊場に倣って、1990年設立されたのが 四国三十三観音霊場で、その第1番札所が正興寺である。 正興寺の開創は1725年と古くはないが、寺宝には文化財もある 由緒を持っている。 現在は、保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光照寺 (広島県福山市沼隈町) 中国四国九州の浄土真宗最古のお寺

福山市南西部の沼隈町にあって、山間集落の山麓に大きな伽藍を 構えるのが光照寺である。 光照寺は、1320年、親鸞聖人の高弟で六老僧の一人といわれた 明光上人によって開創されたと伝えられ、その後中国地方に浄土真宗 の布教拠点として活動している。 伽藍は豪壮で、往古の繁栄が偲ばれる 訪れた時は、桜満開の伽藍がより一層映えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安養寺 (岡山県倉敷市浅原) 毘沙門天

総社市の福山(302m)南麓にあって、倉敷市北部の浅原谷に 毘沙門天を祀るのが安養寺である。 安養寺は、782年開創されたと伝える朝原寺の朝原千坊の本坊 として990年開創されたと伝える。 朝原寺は鎌倉時代末期には大寺で、現在の浅原地区はその門前集落 として大いに栄えたといわれている。 しかし、1336年の福山合戦(福山城)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

了春寺 (鳥取県米子市) 米子城代・荒尾氏の菩提寺

中海に面した湊山(90m)山頂に建っていた米子城は、1591年 吉川広家が築城を開始し、1601年米子藩主となった中村一忠が 1602年に完成させている。 現在の城跡は、石垣のみが残る公園として整備されている。 1632年、鳥取藩主席家老・荒尾成利が米子城代として入り、 明治時代まで荒尾氏が城代を努めている。 その荒尾氏の菩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福田寺 (高知県田野町) 野根山二十三士の墓

1861年江戸で武市半平太(瑞山)をリーダーとして、土佐藩に尊王攘夷を 掲げて<土佐勤王党>が結成され、尊王攘夷の思想を藩に広めようとしたが、 公武合体の藩主山内容堂に受け入れられず、半平太は獄中に囚われ、1864年 清岡道之助など23人は攘夷、半平太釈放を求めて嘆願書を出すが、藩から 反乱の罪で追われ、野根山街道から阿波へ逃れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大隆寺 (愛媛県宇和島市) 宇和島藩主伊達氏の菩提寺

宇和島城の東から南、山麓に寺町とも呼べる地区に、甍を並べる寺院群の 南東奥に建つのが名刹大隆寺である。 大隆寺は、1608年頃宇和島藩主・富田信高が父の菩提を弔うために 開創している。 1614年、伊達政宗の庶長子・秀宗が宇和島藩主となると、等覚寺とともに、 伊達氏の菩提寺となっている。 伊達秀宗の墓は等覚寺、正室亀の墓は大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛額寺 (香川県善通寺市) 月照上人出家の寺

天霧山の南麓に建つ牛額寺は、明治維新の勤皇僧・月照上人が10歳で 得度出家したお寺で、山裾の旧牛額寺跡には、月照上人と弟の信海上人の 石像が並んで建っている・ 月照上人は、京都清水寺の塔頭成就院の住職で、勤皇派の僧として活動し、 西郷隆盛と共に京を追われ、1858年薩摩の錦江湾で、西郷と共に身を 投じ、西郷は生き延びたが月照上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金磯弁財天 (徳島県小松島市)恩山寺奥の院

小松島海岸の南端に、少し突き出た蓬莱山がある。 江戸時代に干拓されるまでは島で、陸地まで数百mあったといわれている。 延暦年間(782~806年)、弘法大師空海が恩山寺で修行していた時、 海に光るものを見つけ、島に渡り女神に遭遇し、女神が海を護る弁財天と 明かされたとか。空海はそこに弁財天を祀ったのが金磯弁財天の始まりと 伝え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興福寺 (広島県尾道市瀬戸田町)

しまなみ海道を生口島北ICを下りて、瀬戸田町福田の丘陵地に建つ 興福寺へと近づくと、山門下の石垣に囲まれた一角に、数百の石像群 が目に飛び込んでくる。 これら羅漢風の石像は尾道の大学生と地元小、中学生が共同で制作した 作品である。 また、瀬戸田町出身の平山郁夫画伯が幼いころに、このお寺でよく 遊んだともいわれ、芸術の島・生口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常光寺 (岡山県玉野市) 日比観音院

玉野市日比港は、かっては瀬戸内海を行き来する船の潮待ち港として 栄え、遊郭も大いに栄えたといわれている。 菅原道真が太宰府に左遷された折にも、ここに立ち寄ったともいわれている。 その日比港の背後、天神山に建つのが常光寺である。 常光寺は天平年間(729~749年)に行基によって開創されたと伝わる 古刹で、海での安全を祈願するお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶寿院 (鳥取県鳥取市気高町)

2019年5月に開通したばかりの鳥取西道(山陰道)が、近くを通る 高江集落の山麓に、鐘楼門を構えて建つのが慶寿院である。 慶寿院は室町時代に、現在の青谷町に開創されたが、1653年現在地に 再興されたと伝えている。 11代住職の睦州道費和尚は禅定を極めた宗師で、1797年71歳の 時に、裏山の洞で生身入定された和尚として信仰を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誓願寺 (岡山県倉敷市) 倉敷美観地区

<倉敷美観地区>の北端に位置し、鶴形山の麓、本町通に面して建つのが 誓願寺である。 1930年建立された大原美術館、柳並木の倉敷川、蔵や町家が建ち並ぶ <倉敷美観地区>は、1969年条例によって指定され、一大観光地と して360万人の観光客が訪れる。 誓願寺は1424年開創されたと伝え、1580年には、落語の祖といわれる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本県のお寺

熊本県といえば加藤清正が思い浮かぶが、彼の菩提寺が熊本市にある 本妙寺で、熊本県では代表的なお寺といえよう。 国の重要文化財に指定されているお寺の建造物は全て球磨地域に 集中しており、それも山里の中に残されている。   本妙寺(熊本市):加藤清正の菩提寺 雲巌寺(熊本市):宮本武蔵ゆかりの霊巌洞 長寿寺(熊本市):木原不動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東向寺 (熊本県天草市) 天草四ヶ本寺

1637年の天草島原の乱で荒廃した天草に、1641年初代代官として 赴任した鈴木重成は、天草の復興とキリシタン統制に努め、お寺の開創 による民衆の仏教化に、兄の正三和尚とともに進めた。 重成が開創した天草の四ヶ寺の一つが東向寺である。 東向寺は1648年開創され、七堂伽藍の大寺であったが、1832年 焼失している。その後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金剛頂寺 (高知県室戸市) 四国八十八ヶ所霊場第26番

室戸岬から西北に、海岸沿いに10kmほどの行当岬から、北東に連なる 三角山の中腹に、木々に覆われて、金剛頂寺は建っている。 金剛頂寺は室戸三山の一寺で、西寺とも呼ばれている。 1899年の火災で、ほとんどの伽藍を焼失し再建されたが、古刹の 趣は大師堂に残され、多くの寺宝が残っている。 現在の四国霊場は、どこも整備が行き届き趣の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王至森寺 (愛媛県西条市) 金木犀

愛媛県の観光スポットにも紹介されている<王至森寺の金木犀>は、 日本一のキンモクセイといわれ、推定樹齢は千年以上といわれる 老木で、根周4m、樹高15mの大木である。 国の天然記念物に指定されている。 根元の幹は空洞になっているが、樹勢は旺盛である。 王至森寺の寺名は珍しく、飛鳥時代に舒明天皇が伊予の温泉に船で 向う途次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙法寺 (香川県丸亀市) 蕪村寺

丸亀城にほど近い富屋町にあって、ビルや住宅の建ち並ぶ一角に、 こじんまりと建つのが妙法寺である。 妙法寺は別称<蕪村寺>と呼ばれ、与謝蕪村ファンにとっては欠かす ことのできないお寺なのである。 蕪村が51歳の1766~68年、画業再修行のために讃岐を訪れ、 その間妙法寺に逗留し、お寺の本堂襖絵を残している。 襖絵は、その後屏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東光寺 (徳島県徳島市寺町) 伝東洲斎写楽の墓

眉山東麓に20数ヶ寺のお寺が建ち並ぶ、寺町の一角に建つ東光寺に、 異色の浮世絵師東洲斎写楽の墓と伝承される墓塔がある。 説明板も立ち、訪れる浮世絵愛好家も多いとか。 写楽は、徳島藩主蜂須賀氏のお抱え能役者斎藤十郎兵衛という説が 有力で、阿波の能役者で江戸に住したといわれている。 この墓塔が斎藤十郎兵衛のものか確認されていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神勝寺 (広島県福山市沼隈町) 禅と庭のミュージアム

<禅と庭のミュージアム>と銘打つ広島県の観光スポットとして、 地元沼隈町の活性化を図るべく、初代沼隈町長であった神原秀夫 が1965年開創したのが神勝寺である。 周囲には、遊園地<みろくの里>などの観光施設も併設された 一大観光地となっている。 実業家でもあった神原氏は、建仁寺派菅長益州禅師に帰依し、 勧請開山に迎えて開創し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西光寺 (岡山県赤磐市) 備前四十八ヶ寺

県道27号沿いの多賀出屋集落の山間に建つ西光寺は、760年報恩大師 が開創したと伝える備前四十八ヶ寺の一寺である。 平安時代末期には大いに栄えたといわれ、三重塔の建つ七堂伽藍の大寺 であったと伝えられている。 現在、その大寺の面影を残す佇まいである。 <岡山県のお寺一覧> (1)寺名:西光寺(さいこうじ) (2)住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清宗院 (鳥取県鳥取市青谷町) シイの古木

鳥取市西部の青谷町にあって、山間部へ通ずる県道280号が日置川と 交差する小畑集落入口に建つ、清宗院の開創は不詳であるが、境内山裾 のシイの木は、推定樹齢は不明であるが、数百年の古木である。 少し枯れが進捗しつつあるが、幹回りは23mとまれにみる大木である。 <鳥取県のお寺一覧> (1)寺名:清宗院(せいそういん) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷寺 (鳥取県岩美町)

国道9号を、岩井温泉から京都に向かって1kmほどの 左手、山麓に向かって田畑の畦道を行くと、枯木が目立つ長谷寺が建つ。 長谷寺は、紀州徳川家から鳥取四代藩主池田宗泰の正室となった 久姫(桂香院)から、帰依を受けていた道肝徹要が、1800年 桂香院の菩提を弔うために開創したといわれている。 本堂には鳥取藩の絵師が描いた蓮池図襖絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報恩寺 (熊本県熊本市中央区) 山頭火出家のお寺

国道3号に面して建つ報恩寺は、放浪の俳人といわれた種田山頭火が、 42歳にして出家得度したお寺である。 その出家のきっかけは、熊本市内で酒に酔って電車を止め、見知らぬ 人に連れられて報恩寺に預けられ、寺男となったことから始まる。 58歳で亡くなるまでに、各地に数多くの句を残している。 <けふも托鉢こゝもかしこも花さかり> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善法寺 (愛媛県四国中央市)

下柏町の国道11号沿いに、こんもりと屹立するイブキの木 <下柏の大柏>は樹齢千年以上といわれ、国の天然記念物に指定 される巨樹である。                 下柏の大柏 そこから南へ300mほどに善法寺は建つ。 善法寺の開創は不詳であるが、建治年間(1275~78年)に再興 された古刹で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西光寺 (香川県宇多津町) 船屋形茶室

宇多津町を流れる大束川に面し、青の山を背景に建つ西光寺は 法然上人ゆかりのお寺で、1208年の開創と伝える。 1207年承元の法難で讃岐に配流となった法然上人が、 1208年許され京へ戻る際に、弟子の故郷である青の山山麓に 留まり、草庵を築いたのが西光寺の始まりといわれている。                大束川と青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光徳寺 (徳島県鳴門市)

鳴門市には真言宗のお寺が多く、浄土宗のお寺は少ない。 光徳寺はその一つで、蜂須賀氏が阿波にはいって、撫養地区 が塩田に向いていると考え、播磨や淡路島から経験者を 集め開拓に着手している。 その際に、浄土宗信仰の開拓者は、光徳寺の前身となる江徳寺を 開創している。 光徳寺の門構えを見ると、塩田開拓者の菩提寺としての寺格を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more