テーマ:中国四国九州のお寺

妙光寺 (鳥取県鳥取市鹿野町)

鳥取市西部に位置する鹿野町は、16世紀末~17世紀中頃の鹿野城の 城下町として栄えた町で、現在もその面影が残る落ち着いた町である。 1640年播磨山崎藩主から鹿野藩主として移封した池田輝澄が、祖母、 父母の位牌を安置した位牌所が妙光寺である。 1662年輝澄が亡くなると、鹿野藩は廃藩となっている。 妙光寺は1474年法華経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延慶寺 (熊本県天草市) 兜梅

豊臣秀吉が全国制覇を成し遂げつつあった頃の1589年、 天草の土豪五人衆と加藤清正・小西行長軍の天草合戦が天草に おいて繰り広げられ、五人衆は敗北したり降伏している。 この合戦で、本渡城の客将であった木山弾正とその妻・お京の 戦いが伝説として残り、特にお京の討死に絡んでいるのが、 <延慶寺の兜梅>である。 私が訪れたのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延光寺 (高知県宿毛市) 四国八十八ヶ所霊場第39番

宿毛市平田町中山の国道56号から、山間部へ1kmほど入った 山麓に建つのが延光寺で、平地に建つ四国霊場である。 山門を入って目についたのが、小さな梵鐘を背にした亀の石像で、 赤亀伝説として伝わる梵鐘で、現在も911年銘の銅梵鐘が残されて いる。この伝説に因んで山号は赤亀山となったとか。 もう一つ目に留まったのが、本坊の小さな庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金剛院 (愛媛県西条市)

石鎚山系の末尾根に位置する八堂山(197m)は、かって金剛院が建ち 八堂伽藍を構えることから八堂山の名が付いたとか。 八堂山には弥生時代の遺跡があり、公園として整備され、展望台もある。              金剛院へ右手に八堂山                  八堂山 金剛院は保元年間(1156~59…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真光寺 (香川県丸亀市) 崇徳上皇ゆかりの寺

1156年、皇位継承問題と公家内紛が絡んだ保元の乱で敗北した 崇徳上皇は讃岐に配流され、一時、坂出御供所(ごぶしょ)にあった 真光寺に仮住まいされたと伝えている。 上皇は1164年讃岐の地で亡くなり、坂出市白峯陵に葬られた。 真光寺は、坂出に弘法大師空海によって開創されたと伝え、その後、 坂出御供所に移り、崇徳上皇の仮住ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城満寺 (徳島県海陽町) 四国最初の禅寺

徳島県最南端の海陽町を流れる海部川を遡った山里の山麓に、 本堂を高所に据え、石段が続き、周囲に空間、その外周に杉、桜などの 木々が成長を続ける、他には見られない風景を創り出している。 城満寺が1952年再興され、少しずつ整備されている。 城満寺は、1295年海部の長が瑩山紹瑾を開山に迎えて開創し、 四国で最初の禅寺となった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬師寺 (広島県尾道市) 生口島のお薬師

しまなみ海道を因島から生口島(いくちじま)大橋を渡り、生口島北ICを 下りて、東海岸沿いに因島原町に入り、山麓に向う。 白壁の築地塀に囲まれ、山門前に仁王石像が立つ薬師寺がある。 お寺の本尊薬師如来は秘仏で、50年に一度開扉される生口島のお薬師である。 薬師寺は正保年間(1644~48年)に開創されている。 <広島県の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正満寺 (岡山県赤磐市) 備前四十八ヶ寺

752年孝謙天皇が病気になったため、報恩大師が祈祷を行い、それにより 治癒された功により、報恩大師は備前に48ヶ寺を開創または再興する勅許 を得て、天平勝宝年間(749~757年)に開創したと伝えられている。 現在残るお寺は39ヶ寺である。 その一つが正満寺である。 寛文年間(1661~73年)には、岡山藩主による寺院削減によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑浄寺 (鳥取県鳥取市河原町)

鳥取市河原町釜口にあって、千代川(せんだいがわ)右岸に建つ緑浄寺 は、鳥取藩主池田光政の支援によって1625年開創されている。 お寺の門前にある小高い山と千代川が織りなす風景の中で、地元に 密着したお寺である。 <鳥取県のお寺一覧> (1)寺名:緑浄寺(ろくじょうじ) (2)住所:鳥取県鳥取市河原町釜口1449 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷寺 (鳥取県岩美町)

国道9号を、岩井温泉から京都に向かって1kmほどの 左手、山麓に向かって田畑の畦道を行くと、枯木が目立つ長谷寺が建つ。 長谷寺は、紀州徳川家から鳥取四代藩主池田宗泰の正室となった 久姫(桂香院)から、帰依を受けていた道肝徹要が、1800年 桂香院の菩提を弔うために開創したといわれている。 本堂には鳥取藩の絵師が描いた蓮池図襖絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報恩寺 (熊本県熊本市中央区) 山頭火出家のお寺

国道3号に面して建つ報恩寺は、放浪の俳人といわれた種田山頭火が、 42歳にして出家得度したお寺である。 その出家のきっかけは、熊本市内で酒に酔って電車を止め、見知らぬ 人に連れられて報恩寺に預けられ、寺男となったことから始まる。 58歳で亡くなるまでに、各地に数多くの句を残している。 <けふも托鉢こゝもかしこも花さかり> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善法寺 (愛媛県四国中央市)

下柏町の国道11号沿いに、こんもりと屹立するイブキの木 <下柏の大柏>は樹齢千年以上といわれ、国の天然記念物に指定 される巨樹である。                 下柏の大柏 そこから南へ300mほどに善法寺は建つ。 善法寺の開創は不詳であるが、建治年間(1275~78年)に再興 された古刹で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西光寺 (香川県宇多津町) 船屋形茶室

宇多津町を流れる大束川に面し、青の山を背景に建つ西光寺は 法然上人ゆかりのお寺で、1208年の開創と伝える。 1207年承元の法難で讃岐に配流となった法然上人が、 1208年許され京へ戻る際に、弟子の故郷である青の山山麓に 留まり、草庵を築いたのが西光寺の始まりといわれている。                大束川と青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光徳寺 (徳島県鳴門市)

鳴門市には真言宗のお寺が多く、浄土宗のお寺は少ない。 光徳寺はその一つで、蜂須賀氏が阿波にはいって、撫養地区 が塩田に向いていると考え、播磨や淡路島から経験者を 集め開拓に着手している。 その際に、浄土宗信仰の開拓者は、光徳寺の前身となる江徳寺を 開創している。 光徳寺の門構えを見ると、塩田開拓者の菩提寺としての寺格を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金蓮寺 (広島県尾道市因島) 因島村上水軍の菩提寺

しまなみ海道の観光スポットとして定着した<因島水軍城>は、 城郭形式の村上水軍(海賊)の資料館で、この地に天守が存在 した形跡はないが、因島村上氏の菩提寺・金蓮寺の境内の一部 に村上水軍の資料を展示するために1983年建立された。 村上水軍は南北朝~桃山時代に活躍した海賊で、因島村上、 能島村上、来島村上の三氏が各々活動し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土寺 (岡山県岡山市中区) 重源上人ゆかりの寺

1181年平氏による南都焼討により壊滅的な打撃を受けた東大寺の 再建に向けて、その責任者として大勧進職を引き受けた俊乗坊重源上人 の、備前における本拠地が浄土寺といわれている。 上人は全国に、資材などの調達、資金調達などの拠点を設け、 政治的経済的に活動を行った。その内の一つが備前であり、その本拠が 浄土寺の地であったといわれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大安興寺 (鳥取県鳥取市用瀬町)

2018年4月、大安興寺所蔵の漢詩掛軸が西郷隆盛の真筆と 判明しニュースとなったが、江戸時代末期に西郷隆盛と月照が 逗留したともいわれる大安興寺である。 お寺は、裏山の医王山と呼ばれた山上に、645年開創されたと 伝え、709年には大伽藍が整備され大いに栄えたといわれたが、 戦国時代の兵火で焼失し、1672年再興されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完龍院 (鳥取県鳥取市)

鳥取市街地の東部にあって、源太夫山の麓に本慈院、芳心寺と 並んで建つのが完龍院である。 完龍院は芳心寺の塔頭であるが、芳心寺より早い開創といわれる。 山門は3ヶ寺共通で、境内右手に完龍院、真ん中奥に芳心寺、 左手に本慈院となっている。 <鳥取県のお寺一覧> (1)寺名:完龍院(かんりゅういん) (2)住所:鳥取県鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安養院 (熊本県熊本市中央区)

熊本城の東に位置する坪井地区には、お寺が多く建つことから 散策してみた。 その中で、アーチ形の山門に惹かれて参拝してみた。 縁起などは不詳で、お寺の風景を語るものは見つからなかった。 すぐ隣には、千体仏報恩寺がある。 <熊本県のお寺一覧> (1)寺名:安養院(あんよういん) (2)住所:熊本県熊本市中央区坪井3-8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興願寺 (愛媛県四国中央市) 三重塔

四国中央市の市街地にあって、伊予三島港に近い住宅地に三重塔が 建っている。それも三島幼稚園の園地に建っている。 この幼稚園は興願寺の経営で、客殿を園舎として1921年開設 されている。 三重塔は、1684年徳島県阿南市の太龍寺に建立されたもので、 1953~59年に移築され、現在は幼稚園と同居し、園児に 囲まれて親しまれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖通寺 (香川県宇多津町)

瀬戸大橋を渡り切り、坂出北ICを出て、聖通寺山(117m)へ登り、 公園から瀬戸大橋の眺望を堪能した後に、南へと下った麓に建つ 聖通寺を訪れた。                 聖通寺山方向              聖通寺山から瀬戸大橋                  聖通寺前 聖通寺は天平年間(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿量寺 (徳島県徳島市)

眉山東麓の寺町に建つ寿量寺は、徳島藩重臣の樋口正長が藩主から 寺地を授かり1616年に開創している。 樋口正長は大坂冬の陣で功績をあげ、徳川秀忠から感状を受けており、 徳島藩においても重きをなしたといわれている。 寺町にあって、寿量寺はソテツ寺ともいわれるほどに、境内のソテツには 由緒があるらしい。 <徳島県のお寺一覧>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善逝寺 (広島県三次市吉舎町)南天山城主の氏寺

三次市南東部に位置し、尾道道吉舎(きさ)ICがある吉舎町にあって、 町の市街地西部にある小高い南天山には、14世紀中頃に和智資実が 築城した南天山城の城跡がある。 その和智資実が築城と同時に、西麓に氏寺として開創したのが善逝寺である。 戦国時代に毛利氏の侵攻によって、南天山城は落城し、和智氏も没落した。 本尊の釈迦如来坐像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法万寺 (岡山県岡山市北区)

法万寺が建つ岡山市北区原地区は、オリンピックで活躍した 有森裕子さんの郷里で、お寺の近くに有森裕子資料館が ある。 法万寺が所蔵する江戸時代初期の古図によると、笠井山西麓 にあった堂屋敷廃寺、おそらく妙塔寺を起源とするのが 法万寺といわれている。 少し南にある法界院も、同じ妙塔寺を起源とするといわれ、 天平勝宝年間(749…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大善寺 (鳥取県鳥取市用瀬町)

鳥取道用瀬ICを出て、千代川(せんだいがわ)沿いに、国道482号を 上流へ、直ぐに<流し雛の里>の用瀬に入る。 旧街道へ入ると、用瀬番所跡碑が建ち、そこには芭蕉塚があるではないか。 芭蕉は鳥取へ来たことはないが、芭蕉百回忌を経た1797年に有志が 建立した句碑で、 <夏来ても多ゞ一つ葉乃ひとつかな>         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自性院 (岡山県赤磐市) 日野富子の墓

室町幕府8代将軍足利義政の正室・日野富子は応仁の乱(1467~78年) が勃発すると、一時現在の赤磐市に避難したと伝承されている。 1483年第9代将軍義尚と対立し、この地に隠遁し1490年 自性院を開創したと伝承され、富子の墓といわれる宝篋印塔が 残されている。 通説では富子は京都を離れたことはない。 <岡山県のお寺一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣海院 (鳥取県岩美町) 東浜海岸

岩美町陸上(くがみ)地区に、1500mの砂浜が広がる東浜海岸 がある。 2017年6月から運行を開始した豪華列車<瑞風>が停車する 東浜駅の目の前に広がる海岸でもある。 夏には海水浴場としても人気が高く、近年その景色と共に訪れる 観光客も増えているとか。 そんな海岸集落の中に建つのが隣海院である。 開創については不詳である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本光寺 (熊本県熊本市中央区) 笠塔婆

熊本市中央区坪井にあって、国道3号西に接して建つのが本光寺である。 1652年開創の日蓮宗のお寺で、境内に安置されている笠塔婆が 熊本県の文化財に指定されていることから訪れてみた。 笠塔婆の四角い塔身には1175年の銘が記され、銘入り笠塔婆として 最古類に属するといわれている。 上部の笠部は室町時代後期に補修されたと推定される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延命寺 (愛媛県四国中央市) 四国別格二十霊場第12番

延命寺には、弘法大師空海が植えたと伝承された<いざり松>と 呼ばれた、樹齢数百年の松がシンボルであったが、1968年 枯死し、現在はその幹が残されており、枝からの若木が植えられている。 かっての写真を見ると、その姿は横に広がり傘の形をし、現在 残っていれば、名松と謳われたであろう。 弘法大師に由縁する<千枚通し霊符>も延命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国善光寺 (香川県坂出市)

倉敷から瀬戸大橋を渡って坂出に入った右手の聖通寺山、 その山腹に建つ四国善光寺の本尊は、善光寺如来と呼ばれる 阿弥陀如来で、まさしく信濃善光寺の名を頂いている。 聖通寺山は一帯が公園となり、そこからは瀬戸大橋や坂出の 市街地を一望できる。 <香川県のお寺一覧> (1)寺名:四国善光寺(しこくぜんこうじ) (2)住所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more