テーマ:京都のお寺

京都府南部のお寺

京都府南部(宇治市、城陽市、久御山町、京田辺市、宇治田原町、井手町、 精華町、木津川市、和束町、笠置町、南山城村)のお寺 <京都府宇治市> 橋寺(放生院):宇治橋の守り寺 興聖寺:道元ゆかりの寺 恵心院:恵心僧都ゆかりの寺 三室戸寺:花の西国三十三所観音霊場第10番 平等院:世界遺産 極楽浄土の再現   <平等院塔頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 大門仏谷大磨崖仏

              浄瑠璃寺地区地図 府道752号を浄瑠璃寺へ向かい、加茂町西小阪口の三差路を、 加茂青少年山の家(休止中)方面へ進路をとり、300mほどで 山の家に至る。ここからは徒歩で山へ向かって300mほどに <大門の仏谷>標識がある。 ここから左手、谷越しに<大門仏谷大磨崖仏>を望む。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都のお寺総覧

京都のお寺を紹介 <世界遺産 古都京都の文化財> 東寺<教王護国寺>(南区)    清水寺(東山区)   延暦寺(滋賀県大津市)      醍醐寺(伏見区)   仁和寺(右京区)         平等院(宇治市)  高山寺(右京区)         天龍寺(右京区)   金閣寺<鹿苑寺>(北区)     銀閣寺<慈照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都市伏見区・山科区・西京区のお寺  

<京都市伏見区> 安楽寿院:鳥羽離宮ゆかりの寺 一言寺:醍醐寺塔頭 海宝寺:普茶料理 源空寺:法然上人ゆかりの寺 瑞光寺:風情が漂う茅葺本堂 清涼院:尾張徳川初代藩主生誕の地 石峯寺:伊藤若冲ゆかりの寺 大善寺(伏見六地蔵):京都六地蔵巡り 醍醐寺:世界遺産 西国三十三所観音霊場第11番 誕生寺:道元生誕の地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長福寺 (京都市西京区) 京都洛西観音霊場第21番

西京区下津林楠町の住宅街に、こじんまりと建つのが長福寺で、 その表札を見ると、京都洛西観音霊場第二十一番札所とあり、 その左下に小文字で<元永福寺>とある。 これは、京都洛西観音霊場の前身が、江戸時代の<西の岡三十三所> 霊場の頃、永福寺が第21番であったが、明治時代の神仏分離 によって、永福寺が廃寺となり、その本尊千手観音を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都市中京区・下京区・南区のお寺  

<京都市中京区> 革堂(行願寺):西国三十三所観音霊場第19番 神泉苑:平安京の禁苑 壬生寺:新撰組ゆかりの寺 蛸薬師堂:蛸薬師伝説 誓願寺:浄土宗西山深草派総本山   長仙院:誓願寺塔頭   大善寺:大善寺寄席 本能寺:織田信長終焉の寺 天性寺:子宝祈願の弁財天 矢田寺:代受苦地蔵 誠心院:和泉式部ゆかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明王院不動寺 (京都市下京区) 石不動

豊臣秀吉が現在の五条大橋を架けるまでは、現在の松原通が五条通で、 京都のメイン通りであった。 その松原通麩屋町角にこじんまりと建つのが明王院不動寺である。 こじんまりとしてるが、その由緒は古く691年の開創と伝え、 その後、弘法大師空海が石不動を刻み祀ったといわれている。 かっての五条通にあったことからも、信仰篤く大いに栄えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極楽寺 (京都市中京区裏寺町通)

京都市街地の繁華街として、明治時代1872年に開通された 新京極通の東に裏寺町通があるが、歴史的には、新京極通の西に ある寺町通と裏寺町通は豊臣秀吉による京都改造計画によって、 お寺を集約された通りである。 現在も、裏寺町通には13ヶ寺が南北に並び、全てが浄土宗系の お寺で、新京極通の開通により境内は狭くなっている。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十如寺 (京都市上京区)

北野天満宮への御前通に面し、平安京の北限・一条通下ルに建つ 十如寺は、1313年日像が開創した法華堂が始まりと 伝えられている。 1293年日蓮聖人の遺命を受けて、京都へ上り布教に努め、 その足掛かりを築いているが、法華堂はその本拠として 重要な役割を果たしたといわれている。 明治45年(1912年)には、広大な境内に撮影所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都市北区・上京区のお寺一覧

<京都市北区> 金閣寺(鹿苑寺):世界遺産 大徳寺:臨済宗大徳寺派大本山  <大徳寺塔頭>  興臨院:加賀藩主前田家の菩提寺  高桐院:細川三斎とガラシャ夫人の菩提寺 通常公開  大仙院:大徳寺北派本庵  通常公開  芳春院:加賀藩主前田利家の妻まつの菩提寺  龍源院:大徳寺南派本庵 通常公開  真珠庵:一休禅師の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

招善寺 (京都市北区)

北区の小高い所に建つ招善寺には、いくつかのキーワードがある。 御土居、時代劇ロケ地、ハクモクレン、サツキ庭園、小さな紅葉風景と 多彩な風景を持っている。 1591年豊臣秀吉が築いた御土居の遺構が残されている<大宮御土居> の傍に、元禄年間(1688~1704年)開創されたのが招善寺で、 御土居の守り寺ともいわれている。 サツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗願寺 (京都市下京区)

寺町通に建つ乗願寺は、加藤清正の重臣で加藤家三傑といわれた 森本儀太夫(一久)の菩提寺である。 儀太夫は京都山崎(現在の大山崎町)の出身で、縁あって加藤清正 に仕え、生涯清正を支えた人物である。 1651年亡くなると乗願寺に葬られた。 また、次男の右近太夫一房はアンコールワットに渡り、墨書(落書き) を残した武士として知られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲山寺 (京都府京丹後市久美浜町)

久美浜湾の南東に、小高い円錐形の兜山(192m)が久美浜湾 と一体となって一つの風景を造っている。 この兜山東麓に建つのが甲山寺で、兜山山頂に建つ熊野神社の 別当寺であった。 甲山寺は736年行基が巡錫の折に、熊野神社に詣で甲山寺を 開創したと伝える古刹である。 境内は整備され、花木が植生されている。 <京都丹後のお寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都丹後のお寺

天橋立を中心として観光と<冬のかに>の丹後には古刹・名刹が 多くあるが、その中のいくつかを紹介 <舞鶴市>  松尾寺:西国三十三所観音霊場第29番  円隆寺:<重文>三体本尊  金剛院:自然環境と一体となった<重文>三重塔  多禰寺:丹後地方の最古刹  瑠璃寺:細川幽斎ゆかりの枝垂桜  桂林寺:丹後の曹洞宗名刹  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長徳寺 (京都府宮津市溝尻)

天橋立の内海・阿蘇海に面する溝尻地区は平安時代からの 村落を形成し、漁業を生業としてきた。 現在も舟屋が一部残っている。 その集落に建つ長徳寺の開創は不詳であるが、鎌倉時代の 阿弥陀如来立像を本尊とする浄土宗寺院である。 <京都丹後のお寺一覧> (1)寺名:長徳寺(ちょうとくじ) (2)住所:京都府宮津市溝尻508…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見海寺 (京都府舞鶴市)

西舞鶴の愛宕山東麓にあって、お寺が連なる寺町の北端に、山の斜面 に建つのが見海寺である。 寺名のごとく、斜面境内上部からは舞鶴湾を望むことができる。 見海寺の開創は1660年と伝えられ、1692年には恵比須さんが 祀られている。 山門は丹後田辺城(舞鶴城)の城門を移したものといわれている。 <京都丹後のお寺一覧> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金剛寺 (京都府綾部市)

綾部市東部に位置する上林地区の睦寄町(むつよりちょう)山麓に 建つのが金剛寺である。 金剛寺は、元亨年間(1321~24年)紫王庵として開創されたと 伝え、1390年金剛寺となっている。 この間、実質上の相国寺開山で、五山文化の貢献者として名をなした 普明国師(春屋妙葩)が一時舞鶴に隠棲した折に、紫王庵に度々 宿泊したといわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都丹波のお寺

京都丹波(亀岡市、南丹市、京丹波町、綾部市、福知山市)のお寺 <京都府亀岡市> 延福寺:<重文>十三重石塔 穴太寺:西国三十三所観音霊場第21番 金剛寺:円山応挙ゆかりの寺 宝林寺:<重文>九重石塔 金輪寺:<重文>五重石塔 法常寺:後水尾天皇ゆかりの寺 谷性寺:明智光秀ゆかりの寺 神蔵寺:亀岡の名刹 千手寺:亀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普門寺 (京都府福知山市大江町) 花の禅寺

大江町を流れる由良川南岸の南有路(みなみありじ)地区にあって、 二千年の樹齢ともいわれる<才の神の藤>への山道起点に建つのが 普門寺である。 普門寺にも紫藤、白藤があり、特に白藤は見事といわれている。 私の訪問は10月中旬とあって、藤棚を見るに終わった。 藤以外にも、ツツジ、桜、睡蓮、紅葉など四季折々の花が咲く 禅寺として愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉谷寺 (京都府京丹波町)

戦国時代まで存在した豊田城の愛宕山山麓に建つ泉谷寺は、 16世紀後半に開創されたと伝えられている。 それ以前に廃寺となった平安時代開創の大寺・西王寺の 跡地に、仏像を引き継いで泉谷寺は開創されたといわれている。 背後の愛宕山頂にあった豊田城は、この地域の豪族・須知氏の 支城で、戦国時代に落城している。 <京都丹波のお寺一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教伝寺 (京都府南丹市園部町) 大樹観音堂

園部川と国道477号に囲まれた河原町にあって、477号沿いに 建つのが、教伝寺の境外仏堂である大樹観音堂である。 この観音堂前に、空洞を見せて横たわるようにケヤキが生えている。 推定樹齢が250年といわれ、その姿が一つの風景を造っている。 この観音堂は園部藩主・小出英貞の正室が18世紀初めに建立した といわれている。 教伝寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄久院 (京都府南丹市美山町)

美山町和泉集落の小高い所に建つ栄久院は、 永禄年間(1558~70年)の開創と伝えられ、 1810年から始まった北桑西国三十三観音霊場第6番 となっている。 地蔵堂に祀られる地蔵菩薩半跏像は、今は廃寺となった 般若寺の本尊であった。 <京都丹波のお寺一覧> (1)寺名:栄久院(えいきゅういん) (2)住所:京都府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常徳寺 (京都府亀岡市) 京都国際禅堂

亀岡市南西部に位置し、犬飼川と小山を周りに配した 田畑の中に、トタン覆い茅葺屋根の堂宇が建っている のが、京都国際禅堂と呼ばれる常徳寺である。 禅の精神と禅の修行、その実践を学び感得する禅堂で、 外国人の体験者が多いと聞く。 各地に、外国人の禅体験寺院が増えているが、その 先駆け的存在である。 <京都丹波のお寺一覧> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西願寺 (京都府和束町) シダレ桜

<茶源郷>と呼ばれる和束町の東部に位置する湯船地区 にあって、和束川の清水橋を渡った高台に緑の豪快な シダレ桜を見る。 桜の時期(4月上旬)に来れば、その姿はもっと華やかな 彩を放っていることだろう。 このシダレ桜は推定樹齢が200年以上といわれ、京都 円山公園のシダレ桜と縁があるといわれている。 この桜のお寺は西願寺であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音寺 (京都府久御山町)

平安時代朝廷の御寮牧場があった御牧(現在の御牧小学校周辺) に存在した3ヶ寺を<御牧三ヶ寺>と呼んでいた。 その一寺が、1250年開創と伝える観音寺である。 観音寺は名のごとく、千手観音を本尊とする天台宗のお寺で あったが、後に浄土宗に改宗され、本尊は阿弥陀如来である。 周囲は、京野菜九条ネギの畑が広がる農業地区である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘願寺 (京都府城陽市) 化粧地蔵

城陽市のお寺探索中に、立派な化粧地蔵に出合った。 こじんまりとした境内の,弘願寺本堂前に建つ地蔵堂 に、三色の頭巾を被った石造地蔵尊が祀られていた。 化粧地蔵は、私のお寺探索で若狭、丹後、但馬でよく 見かけたが、城陽市では初見である。 京都市内でも見るが、お寺の数に比して少なく、 若狭ではその比がはるかに多い。 これには大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法泉寺 (京都市西京区)

2018年9月4日の台風21号は京都のお寺にも 相当の被害をおよぼし、法泉寺の木々門多く倒れ、 その始末中の訪問であった。 法泉寺の地蔵菩薩像は、元は阿弥陀如来像の頭を 地蔵菩薩の頭に据え替えられた地蔵尊で、 化身地蔵尊と呼ばれている。 <京都市西京区のお寺一覧> (1)寺名:法泉寺(ほうせんじ) (2)住所:京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永養寺 (京都市下京区)

永養寺の開創は不詳であるが、下京区高辻通西洞院西入る に位置する永養寺町に開創され、1481年再興され、 豊臣秀吉の京都改造計画によって寺町が形成され、 1585年現在の寺町に移っている。 永養寺町といえば、曹洞宗開祖の道元禅師が病の療養の ために永平寺から京へ戻り、弟子の屋敷に滞在後亡く なった地である。 永養寺本尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法界寺 (京都市中京区裏寺町)

法界寺の建つ裏寺町通は、1591年豊臣秀吉による京都改造計画に よって、寺町通とその裏になる裏寺町通にお寺が集約されて形成された 通りで、明治時代に入ってその中間に新京極通が形成され、繁華街 の中心となった。 しかし、現在でも裏寺町通には多くのお寺が残り、新京極通の 路地裏感がある。 そんな中にあって、こじんまりと建つのが法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙法寺 (京都府舞鶴市西)

西舞鶴の西方、愛宕山の東麓に8ヶ寺が甍を並べるお寺にあって、唯一の 日蓮宗寺院で、朱色の山門を構えるのが妙法寺である。 妙法寺は、元亀年間(1570~73年)日賢が草庵を築いたのが始まりで、 慶長年間(1596~1615年)、田辺(舞鶴)城主・細川幽斎の訪問を 受け、土地の提供を受けて伽藍が整備されたといわれている。 細川幽斎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more