テーマ:五重塔など

お寺の石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)

宝篋印塔の形は写真1、写真2のような形が標準で、 写真1:古い年代の塔 隅飾(すみかざり)<上部四隅の突起部分>が直立 写真2:新しい年代の塔 隅飾が反っている            寂照寺(滋賀県日野町)<鎌倉時代後期・重要文化財>                 水間寺(大阪府貝塚市)<1727年建立> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝建造物があるお寺 総覧

国宝のお堂(建造物)があるお寺は全国で100ヶ寺を数え、お堂の数は177棟あります。 <青字をクリックすると詳細へ> (1)分布 1)北海道・東北:4ヶ寺、6棟      中尊寺金色堂(岩手県平泉町)、羽黒山五重塔(山形県鶴岡市)      瑞巌寺本堂・庫裡・廊下(宮城県松島町)、白水阿弥陀堂(福島県いわき市) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代表的な五重塔

代表的なお寺の木造五重塔 青字の寺名をクリックすると詳細へ <国宝> (1)羽黒山五重塔:山形県鶴岡市羽黒町手向 1372年頃  高さ29m (2)海住山寺五重塔:京都府木津川市加茂町   1214年   高さ17m (3)東寺(教王護国寺)五重塔:京都市南区九条町 1644年   高さ55m (4)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の仁王像<金剛力士像>

お寺の山門などに安置されている一対の仁王さん(二王ともいう)は、お寺に仏敵が 入るのを防ぐ守護神としての役目を担っている。正式な呼び名は金剛力士である。 一般的には、向かって右に口を開いた阿形像、左に口を閉じた吽形像が置かれて いる。<阿吽の呼吸>とはここから来ている。 歴史的には、飛鳥時代から仁王像が安置されていたが、現存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代表的な三重塔

三重塔・五重塔などお寺のシンボルとなっている例が多いが、 鉄筋コンクリート造りの塔も結構増えている。 国宝に指定されている三重塔は13塔あり、お寺の重要文化財に指定されている 三重塔は40塔を数える。 最古の三重塔は法起寺(奈良県斑鳩町)のもので706年以前建立といわれて いる。 青字の寺名をクリックすると詳細へ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の多宝塔

多宝塔といえば、石山寺(滋賀県大津市)の多宝塔や高野山の大塔 を思い浮かべる人が多いであろう。 今日見る多宝塔の形式は日本独自の形式といわれており、9世紀に 弘法大師空海が着想し、空海死後の876年頃に完成した高野山多宝塔(大塔) が始まりと伝えられている。 現在の高野山大塔は何度かの再建を経て、1937年に完成した 高さ4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉ゆかりの寺

1644年     芭蕉伊賀にて誕生 1662年12月 芭蕉最古の句 <春や来し年や行きけん小晦日> 1672年春   伊賀から江戸へ出る <雲とへだつ友かや雁の生き別れ> 1684年9月  當麻寺(奈良県葛城市) <僧朝顔幾死にかへる法の松> 1684年11月 本統寺(三重県桑名市) <冬牡丹千鳥よ雪のほととぎす> 1684…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の参道

お寺の参道と言った場合、大きく分けて2種類ある。 一つはお寺の境内へ(山門へ)の道であり、門前町を形成している場合 もあり、林道であったり街道であったりと千差万別である。 もう一つは、境内に入って本堂などへの道であり、広い境内に見られる。 ここでは、私が訪れて印象に残った参道のお寺を紹介してみよう。 長勝寺(青森県弘前市)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の宗派

日本仏教には数多くの宗派があるが、ここでは古くからある伝統仏教の13宗 とその中での主な宗派を見てみよう。 (1)華厳宗:開祖は審祥等 大本山は東大寺(奈良県奈良市) (2)法相宗:開創は道昭 大本山は興福寺(奈良県奈良市)、 薬師寺(奈良市) (3)律宗:開祖は鑑真和上 総本山は唐招提寺(奈良市) (4)天台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の古木

お寺や神社には古木が多く残されている。 その中で天然記念物に指定されている古木を中心に、私の印象に 残った古木を見てみよう。 正善院(山形県鶴岡市):羽黒山の爺杉 推定樹齢1000年以上 善養寺(東京都江戸川区):影向の松 推定樹齢600年 清澄寺(千葉県鴨川市):大杉(千年杉) 建長寺(神奈川県鎌倉市):ビャクシン 推…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大名・城主などの菩提寺

菩提寺とは、位牌を納めて死後の冥福を祈ってくれるお寺で、墓が存在する お寺が多いが、墓が他所にある場合もある。 江戸時代末期までは、大名や城主など権力者は自分の菩提寺を建立する ケースが多かった。 ここでは、私が訪問した主な菩提寺をみてみよう。 長勝寺(青森県弘前市):津軽藩主津軽家の菩提寺 天徳寺(秋田県秋田市):秋田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国分寺

741年聖武天皇が国家鎮護のために日本の各国(66ヶ国)に詔を 出して建立されたのが国分寺と国分尼寺である。 現在もその法灯を引き継いでいるお寺もあり、また廃寺となったお寺もある。 当時の遺跡が残っている場合もあり、全く不詳の場合もある。 東大寺は国分寺の総本山であり、法華寺(奈良市)は国分尼寺の総本山で ある。 ここでは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重森三玲のお寺庭園

重森三玲(1896~1975年)は日本有数の庭園家であり、日本庭園史の 研究家でもある。 重森氏が作庭した庭園は、力強い石組とモダンな苔の配置を特徴とする 枯山水庭園が多い。 特に、国指定名勝の東福寺本坊庭園はその代表作といえよう。 私が拝観したお寺の庭園を作庭年代順に見てみよう。 1939年 東福寺本坊庭園(京都市東山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅井三姉妹の菩提寺

数奇な運命を辿る浅井(あざい)三姉妹は、近江湖北の戦国武将・浅井長政と 正室・市の間に生まれた三人の娘であるが、三人三様の運命を背負った生涯 を送っている。 ここで、三姉妹とその関係する人々の菩提寺を見てみよう。 <青字の寺名>をクリックすると詳細へ 父・浅井長政の菩提寺:徳勝寺(滋賀県長浜市)  浅井三代の墓がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年の紅葉 伽藍と紅葉

2013年11月16日~12月1日の紅葉探索において伽藍と紅葉の 取り合わせをいくつか見てみよう。 <常楽寺(滋賀県湖南市)>(国宝)本堂                  (国宝)三重塔 <長寿寺(滋賀県湖南市)>(国宝)本堂 <金剛輪寺(滋賀県愛荘町)>(国宝)本堂          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年紅葉 庭園の紅葉

お寺の庭園には枯山水と池泉式があるが、紅葉や桜をアクセントとして 取り入れた庭園が増えてきている。 手入れが行き届いた庭園などは紅葉の色も多彩になり、鮮やかさが 保たれているようだ。 一年を通した手入れが想像できる。 2013年紅葉探索の内からいくつかの庭園紅葉を見てみよう。 <南禅院(京都市左京区)>南禅寺塔頭 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年の紅葉 像と紅葉

2013年晩秋の紅葉探索で捉えた石仏・石造物・銅造仏などと紅葉 の風景を見てみよう。 <一休寺(京都府京田辺市)>                       一休さん <光明寺(京都府長岡京市)> <永源寺(滋賀県東近江市)> 芭蕉句碑<こんにゃくのさしみもすこし梅の花> <栄摂院(京都市左京区)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法然上人の生涯(足跡)とゆかりの寺

2011年は浄土宗開祖・法然上人が1212年1月25日(旧暦)に亡くなって 800年大遠忌の年になる。 法然上人が1133年4月7日(旧暦)に岡山県久米南町で、父・漆間時国、 母・秦氏の子として誕生以来の足跡をお寺を中心に追ってみよう。 <青字の寺名をクリック参照> 1132年:本山寺(岡山県美咲町)  両親が安産祈願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人ゆかりの寺 京都編

親鸞聖人750回大遠忌を迎えた2011年であるが、東日本大震災により その法要は延期されている。 親鸞聖人ゆかりのお寺を足跡に沿って参拝してみよう。 このページでは京都・京都近辺での足跡を歩いてみよう。 <西本願寺>  <東本願寺>を参照 1173年:京都・日野の里で日野有範の長子として誕生       <法界寺> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝建造物があるお寺 滋賀県

滋賀県には国宝のお堂があるお寺は9ヶ寺(15棟)あり、全国3番目の県です。 織田信長の時代に壊滅的な破壊にあった近江の国ですが、よく残った ものです。 <国宝のお堂があるお寺>参照 <お寺の名前をクリックすると詳細へ> (1)園城寺(三井寺):<大津市> 金堂;1599年  新羅善神堂;1347年        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝建造物があるお寺 京都府

京都府には国宝のお堂があるお寺は25ヶ寺(42棟)にのぼり、 寺の数では最多であるが、棟数では奈良県が最多である。 奈良時代のお堂は無く、平安時代以降のお堂である。 <最古のお堂は醍醐寺五重塔(952年)> 桃山時代の国宝が目立つ。 <お寺の名前をクリックすると詳細へ> <京都市北区> (1)大徳寺: 唐門;桃山時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝建造物があるお寺 奈良県

奈良県には20ヶ寺のお寺に国宝堂塔があり、62棟の多きに わたります。法隆寺だけで19棟を数えます。 奈良時代・白鳳時代となると矢張り奈良県しかありません。 <お寺の名前をクリックすると詳細> <(1)法隆寺(斑鳩町)> (西院)  金堂:白鳳時代  五重塔:白鳳時代  中門:白鳳時代 東及び西廻廊:白鳳時代  経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝建造物があるお寺 大阪・兵庫・和歌山県

近畿地区には国宝のお堂があるお寺が67ヶ寺あり、全国の3分の2が 集まっている。大阪・兵庫・和歌山には13ヶ寺(16棟)あるが、以外に 多いのではないだろうか。 お寺の名前をクリックすると詳細へ <大阪府> (1)孝恩寺:<貝塚市> 観音堂;鎌倉時代後期 (2)慈眼院:<泉佐野市> 多宝塔;1271年 (3)観心寺:<…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の鐘楼

現存するお寺の鐘楼で最も古いものは、法隆寺西院の鐘楼で 1005~1020年に建立され国宝に指定されている。 国宝の鐘楼(鼓楼を含めて)には ①法隆寺西院鐘楼:1005~1020年 楼閣造り ②法隆寺東院鐘楼:鎌倉時代初期 袴腰付き ③東大寺鐘楼:1207~11年 一重 ④唐招提寺鼓楼:1240年 楼閣造り 重要文化財…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の門 その2 楼門

お寺の門にはいろんな種類の門があるが、構造上の分類で 2階のある門を楼門という。 ただし、お寺によって楼門を <三門、山門、仁王門、二王門、表門など>などと呼んでいる。 楼門にもいろいろあり、その姿を見てみよう。 (1)二重門:屋根が1階と2階にある楼門               <国宝>瑞龍寺山門(富山県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の門 その1 風変わりな門

お寺の門にも色々な形や呼名、役割などありますが、ここではちょっと風変わりな 門を見てみましょう。                  誓願寺山門(青森県青森市)<重文>                   浮御堂山門(滋賀県大津市)                   万年寺鐘楼門(滋賀県栗東市) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の庫裡(庫裏)

私の最も好きな建物が庫裡 庫裡(庫裏ともいう)はお寺の僧侶が居住しておられる建物を意味し、ほとんどの お寺には本堂と庫裡がある。稀に本堂と庫裏が同一の建物になっている場合もある。 古くて大きなお寺では、庫裡が台所を意味している場合もある。 どんな建物かは写真で見てみよう。 写真1:古くて大きなお寺--典型的な建物 屋根に煙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お寺の十三重石塔

十三重石塔の古いものが残っている どれぐらいかはなかなか調べられない ご存知の方は教えてください ある程度知られたものは資料がありますが 全国のお寺を廻っていて、石造多層塔を見つけると<これこれ>と 木造建造物に興味を示して始めたお寺巡りが、石造物へとひろがり、石仏へと 燈籠へ、五輪塔へ、宝篋印塔へ 庭園も好きだし際限無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more