テーマ:大阪・兵庫・和歌山のお寺

嶺雲寺 (兵庫県福崎町) クロガネモチの木

朝霧が残る早朝、福崎町八千種(やちくさ)地区に入る。 福崎町の<町の木>になっているクロガネモチの代表木として、 町指定天然記念物の木を鑑賞すべく訪れたのが嶺雲寺である。 県道419号を、宮ノ池と新池の間を北へ折れ、振り返ると 2本の木が目立つ春日山(198m)がハッキリと目に飛び込 んできた。 山上には、戦国時代に落城した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興禅寺 (和歌山県上富田町) だるま寺

人口増加がみられる珍しい町、上富田町(かみとんだちょう)には熊野古道中辺路(なかへち)が通り、稲葉根王子から一瀬王子への途中に建つのが、だるま寺と呼ばれる興禅寺である。境内に祀られた1973年造立の<だるま石像>から、だるま寺として、また庭園に咲く四季折々の花を愛でる花の寺として、町のスポットとなっている。お寺は、898年の開創と伝える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県のお寺一覧

兵庫県のお寺を紹介 <阪神地域> 長遠寺(尼崎市):江戸時代初期の伽藍が残る寺 本興寺(尼崎市):尼崎市寺町の大寺 善通寺(尼崎市):首なし地蔵尊 如来院(尼崎市):法然上人二十五霊場第4番 広済寺(尼崎市):近松門左衛門の菩提寺 全昌寺(尼崎市):尼崎藩主戸田氏鉄ゆかりの寺 専念寺(尼崎市):平重盛の菩提寺 広徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光久寺 (兵庫県姫路市安富町) 小笠原氏ゆかり

姫路市西北部に位置し、中国自動車道を挟んだ安富町安志(あんじ) 地区に建つ光久寺を訪れてみると、本堂はなく、収蔵庫と庫裡のみ が建ち、他は更地になっているではないか。 偶々、地元の人たちが清掃しておられ、お聞きすると、2010年 焼失し、本尊不動明王像を祀った収蔵庫は難を逃れたとか。 現在は、無住で地元の人たちが護っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市のお寺 (大阪府)

大阪市のお寺一覧 崇禅寺(東淀川区):細川ガラシャの墓 専念寺(東淀川区):3体の仏像 瑞光寺(東淀川区):雪鯨橋 宝龍寺(旭区):クスの木 太融寺(北区):光源氏モデルの源融ゆかりの寺 長柄国分寺(北区):聖武天皇詔の国分寺 鶴満寺(北区):朝鮮鐘 祐泉寺(北区):造幣局の通り抜けの傍 浄蓮寺(北区):滝川地蔵尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府堺市のお寺一覧

家原寺(堺市):行基の生誕地 南宗寺(堺市):千利休ゆかりの寺 専称寺(堺市):水牽如来 法道寺(堺市):貴重な<重文>食堂 海会寺(堺市):<重文>本堂・庫裡一体のお堂 妙国寺(堺市):推定樹齢1100年のソテツ 高倉寺宝積院(堺市):行基創建49ヶ院 感応寺(堺市):大坂三大妙見山 法雲寺(堺市):黄檗宗伽藍 中仙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府のお寺一覧

大阪市のお寺一覧 堺市のお寺一覧 能勢妙見山(能勢町):妙見信仰の中心 真如寺(能勢町):関西身延 清普寺(能勢町):地元権力者・能勢氏の菩提寺 長杉寺(能勢町):江戸時代の枯山水庭園 玉泉寺(能勢町):鎌倉時代の板碑 蓮華寺(能勢町):五輪石塔 慈眼寺(能勢町):願掛観音 月峯寺(能勢町):北摂の名刹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法伝寺 (大阪府堺市) あかかべ地蔵

堺区神明町東に建つ<北の御坊さん>と呼ばれる本願寺堺別院界隈 には、多くのお寺が建ち、まさしく寺町の風景である。 この寺町を探索している際に、赤壁の塀と<あかかべ地蔵>の標柱 が立つお地蔵さんに出会う。 googleMAPを見てみると、<法伝寺あかかべ地蔵>と表記されて いるではないか~早速ネット検索してみたが、それらしき記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花山院 <菩提寺>(兵庫県三田市) 西国三十三所観音霊場番外

兵庫県三田市の阿弥陀峰(418m)の山上にある花山院は、 花山法皇が隠棲されたと伝えるお寺として西国三十三所観音 霊場の番外札所となっている。 花山天皇(968~1008年)は在位2年と短く、元慶寺 (京都市山科区)にて出家され法皇となられてから、徳道 上人が開創して永らく埋もれていた西国三十三所霊場を巡礼 され、その後菩提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山県のお寺一覧

高野山のお寺と和歌山県(高野山以外)のお寺を紹介 高野山のお寺 利生護国寺(橋本市):<重文>本堂 子安地蔵寺(橋本市):関西花の寺第24番 かむろ大師(橋本市):水の加持祈祷 西光寺(橋本市):学文路刈萱堂 小峯寺(橋本市):修験の寺 応其寺(橋本市):木食応其上人の寺 定福寺(橋本市):黒河道の起点 大光寺(橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵寺 (和歌山県田辺市上の山) 力士の寺

田辺港に近く、県道210号に面して建つのが地蔵寺である。 参道入口に<千田川吉蔵墓>の大きな墓碑が建っているので、 すぐ見つかる。 実は、現在の大相撲で年寄千田川の初代が、江戸時代に大関 であった千田川吉蔵で、その菩提寺が地蔵寺、現在も大相撲 関係者が参拝に訪れるらしく、力士の寺と呼ばれている。 お寺は、世界遺産<紀伊山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬泉寺 (兵庫県宍粟市山崎町)

<日本紅葉の名所100選>にも選ばれている<最上公園もみじ山> は3000本の紅葉で、全山赤く染まることで有名な山であるが、 その東山麓に位置する上寺(うえでら)地区は、寺町地区でもある。 寺町通の最北にポツンと本堂が建つのが薬泉寺である。 宗派は、珍しくも法相宗で、薬師寺、興福寺の系統で、おそらく 薬師寺と何らかの関係がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円教寺(兵庫県姫路市) 西国三十三所観音霊場第27番

<西の比叡山>と呼ばれる円教寺は書写山(371m)の山上一帯に広がり、 西国三十三所観音霊場の中でも最大規模を誇るお寺である。 天台宗の三大修行道場(比叡山、大山、書写山)としても多くの僧が修行し、 皇室などの来山もあり、大いに栄えた。 現在もロープウェイを利用した多くの参詣者や観光客が集い、 山の深遠な風景を満喫している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円教寺(兵庫県姫路市) 伽藍

2003年の映画<ラストサムライ>のロケ地として有名になった 圓教寺の三つの堂<重文>常行堂、<重文>食堂、<重文>大講堂 がコの字に配された風景。 この風景に映画のスタッフが魅了されて一気にロケ地に決定したら しい。 また、テレビの<武蔵>でもこの風景が利用されている。 大きな建物・食堂の構え・前庭には何も無い風景が厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗寺(兵庫県加西市) 西国三十三所観音霊場第26番

一乗寺は650年法道仙人によって開創されたと伝わるお寺である。 法道仙人が開創したと伝わるお寺が兵庫県に集中してあり、その数 30余になる。インドから宝鉢を持って渡って来たと伝えられる法道仙人 とは?虚実は別として、これだけのお寺が関係しているのは何らかの 人物が実在したのであろう。 2007年2月20日にお参りした時は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

播州清水寺(兵庫県加東市) 西国三十三所観音霊場第25番

播州清水寺は三清水寺(京都清水寺、坂東清水寺、播州清水寺) のひとつである。どのお寺も坂上田村麻呂ゆかりの寺である。 播州清水寺は明治末と大正時代に山火事に遭い、堂塔を悉く 失ったが、今日の姿にまで再興されてきた努力は如何ばかりで あろう。 多宝塔の再建計画もあるそうだ。 <兵庫県のお寺一覧> <西国三十三所観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山寺(兵庫県宝塚市) 西国三十三所第24番

718年長谷寺の僧徳道上人が開創したと伝えられる西国観音霊場も その時点では信仰を得られず、時節到来を祈り、宝印を中山寺の石櫃 に納めたといわれる。 それから270年後の988年に花山法皇が石櫃から宝印を取り出し、 霊場を参拝したと伝えられており、これが西国三十三所観音霊場巡礼 の始まりと考えられている。 中山寺は本尊を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝尾寺(大阪府箕面市) 西国三十三所観音霊場第23番

箕面の山中に広大な境内が広がる勝尾寺は、観音霊場として、 勝ちダルマの勝運の寺として、紅葉の名所として益々栄える お寺である。 境内も年々整備され観光スポットの位置を高めている。 真言宗のお寺であるが、法然上人ゆかりのお寺でもあり、 境内にある二階堂は法然上人二十五霊場の一つになっている。 日本三大荒神のひとつであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総持寺(大阪府茨木市) 西国三十三所観音霊場第22番

総持寺は西国三十三所観音霊場の中でも数少ない市街地にあり、 アクセスも便利なことから霊場巡りの人が絶えないお寺である。 古い伽藍はないが、そう大きくない境内に一応のお堂が揃い、 ペット供養・ぼけ封じ・先祖供養・包丁供養など現世利益の 祈願に参詣する人も多い。 4月18日に行われる<包丁式>は、総持寺開基の山蔭氏が 包…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙福寺 (大阪市北区)

天満寺町通に、教会と見まがうお寺が妙福寺である。 1945年の大空襲で全焼し、1965年再建されている。 妙福寺は1616年開創され、<清正公(せいしょうこう)信仰> の高まりを受けて、お寺にも信仰する人が増え、大いに栄えたとか。 清正公信仰とは、  豊臣秀吉の子飼いの武将・加藤清正が日蓮宗の篤い信者で、各地 に日蓮宗のお寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝国寺 (和歌山県由良町)

白い石灰岩が織りなす白崎海洋公園から、県道24号を由良港 へ向う途中、アオリイカの漁港、神谷漁港に立ち寄り、宝国寺 への道を漁師に尋ねたところ、道が狭く車を漁港に駐車して、 集落の中を山裾へ向った。 小さなお寺であるが、立派なビャクシンが迎えてくれ、本堂横 から裏手に、手入れされた庭園が存在感をアピールしている。 お寺の開創…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛井寺(大阪府藤井寺市) 西国三十三所観音霊場第5番

葛井寺は西国三十三所観音霊場第5番札所として、また三観音のひとつ <国宝>本尊千手観音坐像のあるお寺として全国的にも有名である。 <三観音:唐招提寺千手観音、三十三間堂千手観音、葛井寺千手観音> 7世紀に百済の帰化人葛井氏の氏寺として始まり、聖武天皇の発願で 行基が創建したと伝わる。境内から8世紀の古瓦が出土したことから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

施福寺(大阪府和泉市) 西国三十三所観音霊場第4番

槇尾山(600m)の山頂にある施福寺は西国三十三所観音霊場 の中でも難所の一つといえよう。 麓の駐車場から約1kmの石段の登りが続き、その勾配も結構 きつく20~30分の行程になる。 施福寺は修行霊場として栄え、行基や弘法大師空海なども修行し、 弘法大師空海はここで得度し髪をおろしたと伝えられている。 <大阪府のお寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粉河寺(和歌山県紀の川市) 西国三十三所観音霊場第3番

粉河寺は西国三十三所観音霊場第3番札所として、また粉河寺を 全国版にしている国宝<粉河寺縁起絵巻>を有するお寺である。 <粉河寺縁起絵巻は本尊千手観音にまつわる縁起を中心に描かれた 20mの長さにもおよぶ絵巻で12世紀に描かれた。 当時の人々の暮らしなどが読み取れる貴重な史料となっている。> この由緒ある名刹粉河寺も1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀三井寺(和歌山県和歌山市) 西国三十三所観音霊場第2番

紀三井寺は西国三十三所観音霊場第2番札所として、更に日本桜名所 100選のひとつとして、あるいは日本名水100選の三井水が湧き と色々な要素を持った和歌山有数の観光地でもある。 参詣者・観光客が絶えない境内の風景はお寺の繁栄を明示している。 これぞたのもしい風景ではないか。最近建立された新仏殿の屋上から の眺望はすばらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青岸渡寺 (和歌山県那智勝浦町) 西国三十三所観音霊場第1番

青岸渡寺は2004年<紀伊山地の霊場と参詣道>の一部として世界遺産に 登録され、西国三十三所観音霊場第1番札所の寺格と観光拠点としての 地位を高めている。 熊野那智大社・那智滝が三位一体となった霊場は大きく変わり、益々 栄えることだろう。 青岸渡寺が西国観音巡礼の1番になったのは、平安時代末期に後白河法皇 などが熊野詣を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹波、但馬のお寺一覧 (兵庫県)

<丹波のお寺> 太寧寺(丹波篠山市):篠山城の鬼門を護る寺 大国寺(丹波篠山市):<重文>本堂 高蔵寺(丹波篠山市):丹波篠山もみじ三山 長谷寺(丹波篠山市):<重文>妙見堂 文保寺(丹波篠山市):丹波篠山もみじ三山 洞光寺(丹波篠山市):紅葉スポット 西光寺(丹波篠山市):重文仏像4体 龍蔵寺(丹波篠山市):丹波古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如来寺 (兵庫県丹波篠山市)

2019年5月、篠山市から丹波篠山市と市名を変えた丹波篠山市 の最東部にあって、篠山街道(国道372号)沿いの福住地区は、 戦国時代は城下町として、江戸時代には宿場町として栄えた。 現在、旧街道沿いの建物群は<福住伝統的建造物群保存地区>に 指定され、全国では102番目の指定である。 この地区南部にあって、国道173号沿い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮興寺 (大阪市北区) 大塩家の墓

天満寺町通と天神橋筋の交差点角に、<大塩家墓所>の標石が 建つのが蓮興寺である。 山門は閉じ、境内に入ることは出来なかったが、大塩平八郎 ゆかりの寺として、外から参拝させてもらった。 大塩平八郎の墓は隣の成正寺にあり、天満で生まれた平八郎 のゆかりの地区となっている。 蓮興寺の開創は不詳であるが、宗派が京都要法寺を本山と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養源寺 (和歌山県広川町) 出世大黒天

広地区に広大な境内を持つ養源寺には、出世大黒天と呼ばれる 大黒天が祀られており、江戸時代には多くの参拝者で溢れたと いわれている。 それは、第8代徳川将軍・吉宗の生母浄円院が信仰した大黒天 で、吉宗の出世にあやかろうと信仰が深まったことによる。 この境内は、元は紀州藩御殿地で吉宗が寄進し、御殿の一部が 書院として残っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more